Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
自作パソコンVaio PCV-R71(改)に代えてQ9450 CPUのPCを自作します。
Video編集の高速化と更なる静音化が目的です。

■狙い
・高速/大容量化
  Core2Quad高性能省電力CPU
  4GB PC2-6400大容量高速Memory
  1TB大容量RAID0 構成
・静音化
  MicroATX静音ケース/静音CPUクーラ/静音電源/静音DVD
・操作性向上
  フロントパネル端子の利用..USB/Audio/eSATA

■部品構成
部品 Q945自作 コメント
CPU Intel Q9450 2.6GHZ /12MB /1333 FSB
45nm 95TDP
45nm ルール Core2 Quad, 12MB 内部キャッシュで高コストパフォーマンスの Q9450 を選択
Memory UMAX DDR2 800MHZ (PC2-6400) 2GB *2 価格.com 人気第3位。 4GBで1万円以下は有難い
CPU Cooler NOCTUA NH-U12P オーストリア NOCTUA社ヒートパイプタイプ CPUクーラ 静音。GA-G33M-DS2Rに対応
Mother Board GigaByte GA-G33M-DS2R
Intel G33 +ICH9R Chipset
Q9450 認識のため BIOS Verを F8bへ Update要。
初期Ver (F2)で動くCeleron 420も購入。
CPUサポートリストはこちら
HDD HDP725050 GLA360 SATA 500GB x2 RAID0
HDS721680 PLA380 SATA 80GB
1TB RAID0を24GB /1000GBパーティション分割
OSは24GB範囲にインストール。
80GB HDDはシステム /Dataバックアップ用
DVD Pioneer DVR-S15J-BK 静音 &20倍速 DVD±R 記録対応。
Graphic Sapphire HD4550 512MB DDR3 HDCP (地上デジタル対応)
PCI Canopus MTV1000
Canopus DVStorm-RT
TV /ビデオ編集 PCI拡張ボード
現行 PCより移行
Power Supply Antec NEO Power 650 Fanは 8cmだが静音。
Mini P180搭載にはストレート排気電源を推奨
Case Antec Mini P180 定番 ATX静音ケース P180のMicro ATX版
ニュースリリースから待つこと半年後にやっと発売
Core2 Duoの自作計画から1.5年以上経過

  
■組込
 マザーボードとケースのマニュアルは以下です。
   Gigabyte GA-G33M-DS2Rのユーザマニュアル
   Antec Mini P180のユーザマニュアル
 
・マザボード取付
 マザボード付属のIOパネルを取り付けます。
 マザボード右端固定用のスペーサ2個を追加でケースに取り付けます。
 MiniP180のドライブケース2個をはずした状態でマザボードをケースに取り付けます。

・CPUクーラ取付
   NH-U12Pの取り付けはこちら

・メモリ取付
 2GB*2枚のメモリをDual Channelで動くようにDDRⅡ1および3(同じ色)のソケットに取り付けます。
 
・電源コネクタ
 ATXメイン電源と2x2/12V電源ケーブルをMother Boardに接続します。
・CPUファン
 NH-U12Pの電源ケーブルはマザボードのCPU_FANコネクタに接続します。
・SATAコネクタ..ICH9R
 接続は以下のとおりです。
 RAID0構成:SATAII0-1
 BackUp用HDD:SATAII3
 DVD:SATAII4
 eSATA:SATAII5
 

・フロントパネル
 以下のフロントパネルケーブルをマザボードのコネクタに接続します。
 フロントパネルのケーブルは色付きが信号線です。
 

・その他のフロントパネル
 Power LED:ケースの電源ランプと接続します。
 HD_Audio:ケースのAudio端子と接続します。
 F_USB1-2:ケースのUSB端子1-2と接続します。

・HDDドライブ
 上側のドライブケースに3個のHDDを取り付けます。
 電源ケーブルは12V着脱ケーブルを必要数使用します。
 
・DVDドライブ
 5"ドライブベイに取り付けます。

■ケーブル配線
 マザボードトレイの裏側を配線用に使用可能です。
 今回の配線例です。
 

■BIOSバージョン
 GA-G33M-DS2Rは初期バージョンでQ9450をサポートしないのでVer F7以降にアップデートします。
 
  詳細はCPUサポートリストを参照

■BIOSアップデート
(1)別のPCで起動FDを作成しておきます。
  [FDフォーマット画面][MS-DOS起動ディスクを作成する]でFD作成後システムファイルのみ残します。
(2)BIOSをダウンロードして解凍し、起動FDにコピーします。
 
(3)FLASHアップデート 
  FDブートでFLASH895 Utilityが自動起動されます。
  Mainメニュで[File]を選択してHelp/Message欄の指示でBIOSファイルG33MD2R.F8eをロードします。
  Bios update completedの表示で終了です。
  以下はFLASH895の画面イメージです..実際の表示とは異なります。
  

■RAIDの構成
(1)BIOS設定
 [Integrated Peripherals]で[SATA RAID/AHCI Mode=RAID]に設定
(2)Intel Matrix Storage Manager
 PC起動中<CTRL+I>でRAID0を構成画面を表示します。
 以下のようにRAID0を作成します。
  Name=Volume0 Level=RAID0 Strip=128KB Size=931.54GB Bootable=Yes
 
■F6 RAID Driver FDDの作成
 Intel® Matrix Storage ManagerをダウンロードしてF6用FDDを作成します。
 Windowsインストール時にRAID Driverとしてインストールします。
  F6 RAID Driverのダウンロード先はこちら
 
■Raid Driverインストール
 Windows XP CD-ROMよりブートしてOSインストール開始後、F6で以下のIntel製のRAID Driverをインストールします。
  Desktop ICH8R/ICH9R SATA RAID Controller
  Raid Driverインストール後は画面の指示に従ってOSをインストールします。

■lan接続
 以下のNICのドライバをGigabyteサイトからダウンロード/インストールします。
 TCP/IPネットワークを設定しインタネットに接続可能にします。
  Realtek RTL8168/8111 PCIe Gigabit Ethernet

■WindowsUpdate
 WindowsXP SP2を含むOSのアップデートを実行します。

■Driverインストール
 この段階でまだ以下のDriverが未インストールなので残りをインストールします。
 G33ビデオコントローラはIntelサイトから、残りをGigabyteサイトからダウンロード/インストールします。
 
  Intel® Graphics Media Accelerator Driver for Windows* XPのダウンロードはこちら
  GA-G33M-DS2Rドライバのダウンロード先はこちら

■問題点
 今回発生した問題点とその対応は以下です。
項目 問題点 対応
Q9450 CPU購入時点で傷と汚れ
->販売店: 「Intel出荷時の傷と汚れ」
->Intel: 「組込テストで傷と汚れはある」
Rev: C1 (C0の Engineering Sample品でない)が確認できたのでそのまま使用。
BIOS
Update
BIOS 起動不能
-> GA-G33M-DS2RのBIOSがQ9450を認識しない。Q9450識別はF7以降。
LGA775 /FSB800 MHzのCleron 420を組込みBIOSのVerをF2からF8e にアップデート後 Q9450を組み込む。
アップデート1回目に BIOSログインにパスワードを要求されたので、再度 BIOS書込みで解消。
Intel
RAID Driver
WinXP インストール開始直後にブルースクリーンでエラを表示しインストール不能
-> WinXP インストーラが RAIDを認識不能
F6 用Intel Matrix Storage Manager (Raid Driver)をインストール
オンボード VGA
Driver
WinXP 用G33 Graphic DriverがGigaByteサイトにない Intelのサイトよりダウンロード
■仕様
 Q945自作PCの仕様です。
項目 Q945..自作 VAIO PCV-R71改 (従来)
OS WinXP Pro WinXP Pro
CPU Intel Core2 Quad Q9450 2.6GHz Pentium 4 2.6C GHz
CPU Cooler Noctua NH-U12P alpha +PanaFlo FBA08A 12L2EX
FSB 1333 MHz 800 MHz
Form Factor micro ATX micro ATX
Mother GigaByte GA-G33M-DS2R Ver1.0 MSI 865GM2-ILS
ChipSet Intel G33 +ICH9R Intel 865G
Memory PC6400 DDR2-800 2GBx2 (Max 2GB x4) PC3200 DDR400-SDRAM 512MB x2
Graphic Sapphire HD4550 DDR3 512MB Matrox G550 32MB
HDD HDS721680 PLA380 SATA 80GB
HDP725050 GLA360 SATA 500GB x2 RAID0
HDS722525 VLSA80 SATA 250GB
HDT722516 DLA380 SATA 160GB
CD /DVD Pioneer DVR-S15J-BK Sony CRX120E
FD - あり
LAN Realtek RTL8111B Gigabit Ethernet Corega Gigabit Ethernet
Sound Realtek ALC889A 8Ch CMI9739 A 5.1Ch S/W
PCI 1x PCIex16 1x PCIex4 2x PCI 3x PCI
USB 8x USB2 4x USB2
IEEE 1394 3x IEEE 1394 1x IEEE 1394
I/O 1x IDE 1x FD 6x SATA 3Gbps
1x PS/2 keyboard 1x PS/2 Mouse
1x Parallel 1x RJ45 6x Audio
1xVGA    
2x IDE 1x FD 2x SATA
1x PS/2 keyboard 1x PS/2 Mouse
1x Parallel 1x RJ45 3x Audio
1x VGA  1x AGP
フロントパネル 2x USB /HD Audio /eSATA -
拡張 board Canopus MTV1000
Canopus DVStorm-RT
Canopus MTV1000
Canopus DVStorm-RT
Corega Gigabit Ethernet
Bay 3x5" 5x3.5" 2x5" 3x3.5"
Power Supply Antec NeoPower 650 ATX650W Ever Green Silent King2 ATX 350W
Case Antec Mini P180 VAIO PCV-R71
Size W212 xH435 XD436 W220 xH352 XD394
Weight 約14kg 約12kg
■結果
 高速/静音/大容量を目標の自作でしたが、計画から1年半越しに完成です。
 CPUは計画時点のE6600からE6420、E6750、Q9300を経てQ9450に落ち着きました。
 今回発生したCPU /RAID認識不能などの問題点4件はすべて解決です。
 GA-G33M-DS2RでQ9450を組込むにはBIOSのVer F7以降が必須です。
 Antec MiniP180はザボードケースの裏側のケーブルを配線で、マザボード周りの通気を最大限確保できます。
 Q9450のRevisionはC1であることを確認しました。
 ベンチマーク、オーバクロックの結果については別途報告予定。
■関連ページ
 最新Core2Duoにしたいが
 PCアップグレード計画2
 最新Core2Duoにしたいが#2
 E675自作PC仕様メモ
 Q945自作PC仕様メモ
 GA-G33M-DS2Rマザー
 PC電源容量計算
 Antec MiniP180ケース
 PC電源NeoPower650
 CPUクーラ..NH-U12P
 Q945 Crystal Markベンチ
 Q945 SandraXII2008ベンチ
 Q945 最新自作PCパーツ一覧
 Q945 Core2Quadオーバクロック
 Q945 静音DVDドライブ
 Q945 Core2Quadプロセッサ
  blog      MovableType