Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 ThinkPad X60にChromiunOSをインストールします。
 最新版Buildは起動途中で停止するので古いBuildを使います。

■ThinkPad X60
 IBM B5モバイルノートで、CPUにCore2Duo2.0GHzを搭載。
 今回はHDDを初期のSSDモデルであるADATA S511/60GBに交換して使います。
項目 ThinkPad X60
1709Q6J
備考
OS Windows Vista Business
CPU Intel Core2Duo T7200 (2GHz) 667MHz ChipSet: Intel 945GM Express
Memory 1GB /512MBx2
HDD SATA 120GB ->SSD60GB CD/DVDなし
Display 12.1" 1024x768
LAN /Wireless 10 /100 /1000Base-T
IEEE802.11 a/b/g    Bluetooth

USB /SD /1394 3xUSB2.0 /SD /1394
消費電力 最大65W
Size /Weight 268 x211 x20-30mm /1.44Kg
 ThinkPad X60のページはこちら

■Chromium OS 
  ChromebookのOSはChrome OSであり、そのベースはオープンソースのChromium OSです。
 Chrome OSとChromium OSの主な相違は以下です。
 特にChromium OSでは自動アップデートとAdobe Flash Player Plug-inが未サポートに注意が必要です。
項目 Chrome OS Chromium OS
管理元 Google Chromium Project
提供方法 内蔵 Open Source
Firmware(拡張) あり なし
自動アップデート あり なし
API Key Set あり なし
Flash Pug-in あり なし
Widevine CDM あり なし
Google Talk あり なし
3G Cellular
あり なし

■インストール
 今回はChromium OS Buildサイトからダウンロード/インストールします。
 ただしX60では最新版で起動時フリーズ状態となるので/special/Cx86OS_R34-5196_Multi版にしま す。
 ブートUSBを作成してChromiumを起動し、[ターミナル]でHDD/SDDにインストールします。
 インストールしたらタイムゾーンの調整や用途に合わせての拡張機能の追加を行います。
項目 内容 備考
Build Special /Cx86OS R34-5196 Multi Chromium OS Build
USB作成 /install 右のページを参照 ChromiumOS/インストール

x60 chromium
[タイムゾーン]
time
[拡張機能]
extension

■関連ページ
 ChromiumOS/インストールのページはこちら
 ChromiumOS/VMWareのページはこちら
 Chromebookメモのページはこちら
 
■結果
 Thinkpad X60へのChromium OSのインストールを完了しました。
 これからWebブラウザに限定された機能や周辺機器の制限緩和に知恵を絞ることになります。

  blog      MovableType