Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 Chromium OSをVMWareで起動します。
 使用するのはhexxeh.netのChromiumビルドです。

■ChromiumOS  hexxeh.netのサイトからVMWare用ビルドをダウンロードします。
 最新のOSは「Choromium OS Builds」のサイトからダウンロードできます。
 ダウンロードしたら解凍して2個のファイルを取り出しファイル名を変更します。
 ファイル名はWMWareで指定する名称に合わせます。
  ChromeOS-Vanilla-4028.0.2013_04_20_1810-r706c4144- VMWare.vmdk -> chromebook.vmdk
  ChromeOS-Vanilla-4028.0.2013_04_20_1810-r706c4144-VMWare.vmx ->chromebook.vmx
download
 ChromiumOS のサイトはこちら
 hexxeh.net のサイトはこちら
 Choromium OS Builds のサイトはこちら

■VMWare
 今回使うのはWMWare Player5.0.3です。
(1)新規に仮想マシンを作成し、いったんWMWareを終了します。
VMWare
 [新規仮想マシンの作成]新しい仮想マシンウィザードを開きます
 [後でOSをインストール=on][ゲストOS=その他][バージョン=他の64bit]
 [仮想マシン名=chromebook][場所=インストール先]
 [ディスク最大サイズ=8][仮想ディスクを単一ファイルとして格納=on]
 [完了][WMWareを終了]
(2)ファイルの差し替え
 WMWareのインストールディレクトり内.vmxと.vmdkファイルをダウンロードしたファイルに差し替えます。

(3) .vmxファイルの編集
 ダウンロードした.vmxファイルを編集します。
 インターネット接続が必須につき、NAT接続ならethernet0.connectionType を指定します。
 #!/usr/bin/vmware
 .encoding = "UTF-8"
 config.version = "8"
 virtualHW.version = "4"
 memsize = "1024"
 ide0:0.present = "TRUE"
 ide0:0.fileName = "chromebook.vmdk"      <-変更
 ethernet0.present = "TRUE"
 usb.present = "TRUE"
 sound.present = "TRUE"
 sound.virtualDev = "es1371"
 displayName = "Chromium OS"
 guestOS = "otherlinux"
 ethernet0.addressType = "generated"
 floppy0.present = "FALSE"
 ethernet0.virtualDev = "e1000"        <-追加
 ethernet0.connectionType = "nat"       <-追加..NAT接続
(4)WMWare起動
 [WMWare起動][ChromiumOS再生]でChromiumOSを起動します。
 ネットワークは自動検出で設定されますが固定IPやプロキシは手動で設定します。
 ログインはゲストあるいはGoogleIDを指定します。
 ログインが終わるとOSの利用を開始できます。
welcome
login
image
tutorial
■結果
 ChromiumOSでVMWareで起動しインストール時のスクリーンショットの取得を可能にしました。
 利用したhexxeh.netのダウンロードバージョンは古くChromeストアからのアプリ追加ができません。
 ChromiumOSの最新版はChromiumOS Buildsのサイトから入手できます。

  blog      MovableType