Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 純正インクカートリッジに代えて詰め替えインクを使用します。
 純正4600円がElecom詰め替えインクだと825円ですむのは魅力的です..いずれも通販価格。

■対象製品
 Canon MP600 インクジェット複合機
 
■詰め替えインク
 使用したのはELECOM製の詰め替えインクです。
  THC-7BCSET4(4回交換分) 約1900円
  THC-9BK4(4回交換分) 約1450円
■詰め替え方法
慣れれば簡単です。
作業指示とおりやればインク漏れもほとんどありません。
 

 *注入口の穴あけ作業は封入栓を押し込んで、はずすので意外と力を要します。
 
■インク残量検知
 ICチップのインク残量がリセットされないので詰め替え後も残量は更新されません。
 残量の状態は詰め替え前とおなじに表示されますが、MP600の場合は自動的に印刷を開始します。
 *MP600の場合は数日おいてインク残量検知機能の無効化を催促するメッセージ表示されました。
    
■インク残量検知機能の無効化
 機種によっては残量検知機能の無効化が必要なモデルが存在します。
  ELECOMサイトでの詳細はこちらです。

■結果
 インク残量はリセットされないことを承知の上で使用する必要があります。
 価格は純正インクの1/5以下の800円程度なので詰め替えインクはコスト的に有効です。
 最初の1個はインク漏れで散々でしたが、以降はインク漏れもなく簡単に充填を完了しました。
 インク漏れがあると悲惨な状況になるので、汚れを気にするなら純正インクの使用を推奨します。
 インク残量検知機能の無効化のメッセージはインク補充後しばらく置いて表示されるケースがあるようです。

  blog      MovableType