Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 ThinkPad X60 VistaモデルにWinXPをCDインストールします。
 WinXPが提供していないX60固有のDriverはすべてIBMのWebサイトよりダウンロードします。

■ThinkPad X60
 IBM B5モバイルノートで、最新機種はX61。X60は価格40%値引でCPUにCore2Duo2.0GHzを搭載。
 今回のモデルは1709Q6JのVista Business版ですがOSをXPに変更しモデル1709GDJ同等にします。
項目 ThinkPad X60
1709Q6J
ThinkPad X60
1709GDJ
OS Windows Vista Business Windows XP Pro
CPU Intel Core2 Duo T7200 (2GHz) Intel Core2 Duo T7200 (2GHz)
FSB 667 MHz 667 MHz
ChipSet Intel 945GM Express Intel 945GM Express
Memory 1GB (512MB x2) 1GB (1GB x1)
HDD SATA 120GB SATA 120GB
CD /DVD なし (Option) なし (Option)
Display 12.1" 1024 x768 12.1" 1024 x768
LAN 10 /100 /1000 Base-T 10 /100 /1000 Base-T
Wireless IEEE802 .11a/b/g IEEE802 .11a/b/g MIMO 対応
USB 3x USB2.0 3x USB2.0
IEEE 1394 1x IEEE 1394 1x IEEE 1394
Size 268 x211 x20-30 mm 268 x211 x20-30 mm
Weight 1.44Kg 1.44kg
消費電力 最大 65W 最大 65W
その他 指紋センサ
Bluetooth
SDスロット
指紋センサ
Bluetooth
SDスロット
  ThinkPad X60のサイトはこちら

■準備作業
(1)Vistaモデルリカバリメディアの作成
 以下の手順で将来のVista復活のためリカバリディスクを作成します。
 [ThinkVantage][Create Recovery Media][プロダクトリカバリメディアを作成する]
(2)System Backup Partitionのバックアップ
 ThinkPadはバックアップ用partitionにシステムをバックアップしています。
 これを市販のソフトを使用してDVDにバックアップしておきます。
 容量:約5.4GB
 使用ソフト:Hard Disk Manager
(3)Intel AHCI Driver FDの作成
 WinXPはSATAネイティブのAHCI DriverをサポートしていないのでIntelのサイトからダウンロードしFDを作成します。
 対象:インテル 82801GBM I/O コントローラー・ハブ (ICH7M) - AHCI 
  X60用AHCI Driverのダウンロード先はこちら

■WinXPのCDインストール
(1)WinXPのCDからブート起動し、インストールを開始します。
(2)起動直後のF6でFDからIntel(r)82801GBM SATA AHCI Controller(Mobile ICH7M)をインストールします。
  X60用AHCI Driverのインストールの詳細はこちら
(3)画面の指示に従ってインストールを実行します。
 インストール完了の段階で、まだ多くのDriverがインストールされていません。
 
■Ethernet Driverのインストール
 別のPCでUSBメモリにダウンロードしたDriverをX60にインストールし、ネットワーク接続でダウンロードを可能にします。
 対象:Intel Pro 10/100/1000MHz Ethernet Driver
  X60用のIntel Pro 10/100/1000MHz Ethernet Driverのダウンロード先はこちら
 
■Windows Update
 Windows Updateを実行しSP2を含めて最新の状態にします。
 * 「ソフトウェア導入支援」ユーティリティの前に実行する必要があります。

■「ソフトウェア導入支援」ユーティリティによるDriverのインストール
 IBM提供の「ソフトウェア導入支援」をダウンロード&インストール後、これでDriverなどをダウンロード&インストールします
 インストール対象のDriverおよびユーティリティは48にも及びます。
 
  「ソフトウェア導入支援」のダウンロード先はこちら

■結果
 X60へのWinXPのインストールを無事に問題なく終了しました。
 WinXPが提供していないDriverとX60固有のユーティリティはIBMのWebサイトより自動でダウンロード可能でした。
 以下はインストール完了後のDevice Managerの一部です。
 

* 注意事項
 WinXPはSATA用AHCI DriverをサポートしていないのでWinXPインストールの初期段階でSATA HDDを認識できません。
 インストール時F6でIntelサイトからダウンロードしたDriverを追加してあげるとHDDの認識が可能になります。
 なお[BIOS][Config][SerialATA=AHCI]の設定を[SerialATA=Compatibility]にするとAHCI Driverは不要です。

  blog      MovableType