Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 再生時間2分のデジタル映像をMpeg変換するのに24分もかかります。
 900MHzCPUが2~3万円台で入手できる状況にあるのでアップグレードします。

■構成品
 Upgrade対象部品です。
部品 メーカー/型名 仕様
CPU Intel
/PentiumⅢ 933/133MHz
Package: FC-PGA (Soket370)
マザーボード ASUS
/CUSL2
対応CPU: PentiumⅢ/Cleron Soket370
Chipset: Intel815E
FSB: 100/133MHz
メモリ PC100/133 SDRAM
■組込
 マザーボードのマニュアルに従い部品を組み込み配線を接続する。
【注意事項】1
CPUファンの取り付け金具の強度が強すぎ、誤ってボードのパターンを破損しそうです。
はずす時は もっと大変...Intelの常識を疑いたくなるくらいです。
■BIOSセットアップ
 以下を設定します。
 ・CPU Internal Frequency:933MHz
【注意事項】2
CUSL2のマニュアルにはAGPボードを使用するときは「BIOSで815E内蔵ビデオ機能をDisableに指定する」とありますが、BIOS バー ジョン 1003では指定項目が存在しません。AGPグラフィックボードをさすと自動的に内蔵ビデオ機能はDisableになるようです。 
■OSのインストール
 今回はWin2000のCDがUpgrade版なので
 ・WinNTインストール(最小構成)
 ・Win2000へアップグレード(Full構成)
 の手順でOSをインストールします。
 Windows NTの再インストールページはこちら
 Windows 2000のインストールページはこちら
【注意事項】3
8GB以上の大容量HDDを使用する場合は問題が発生するケースがいくつかあるようです。詳細はIBMのWebサイト上のテ ク ニカルサポートを参照ください。
■ユーティリティのインストール
 マザーボードの添付CDから必要なソフトをインストールします。
 今回は以下をインストールしました。
 ・INF Update Utility for Intel 815 Chipset
 ・Intel Ultra ATA Storage Driver (IDE UltraATA 100 ハードディスク)
【注意事項】4
INF Update Utility for Intel 815 ChipsetをインストールしないとIntel 82801BA/BAM USB Host Controllerを不明なデバィスとして検出します。それでもUSBは使用できるようです。不明なデバイスを特定する手段がわかりませんので忘れずに インストールした ほうがよさそうです。
【注意事項】5
Win2000でIntel Ultra ATA Storage DriverをインストールするとIDE接続のハードディスクやCD-R/RW、DVD-ROMドライブをSCSIデバイスとして誤識別します。これが原 因でCD-Rなど のライティングソフトを使用できなくなる場合はアンインストールで対処する旨の報告があります。実質ハードディスクの転送速度は66MB/秒に達していな いの で影響はないようです。今回はSCSI接続のCD-Rを使用していて影響が出ないのでアンインストールはしていません。

■Over Clock
 性能向上のためCPUをオーバークロックで動作させます。
 動作安定のためVcore電圧を1.65Vから1.70Vに変更しています。
CPU FSB /SRAM /PCI Win 2000 Win Bench 99 HD Bench 3.22
933(標準) 133/133/33
◎1064 152/152/37
1099 157/157/39
1106 158/158/39 ×
1120 162/162/40 ×使用中エラ

■ベンチマーク
 オーバークロック後のベンチマークです。
項目 Cleron
@515 MHz
PentiumⅢ
@1064 MHz
CPUmark 99 39.6 93.3
FPU WinMark 2480 5620
Business Disk WinMark 99 2530 9250
High-End Disk WinMark 99 5020 12600
High-End Graphics WinMark 99 343 965
■MPEG変換時間
項目 モバイルPentiumⅢ
500MHz
PentiumⅢ
@1035 MHz
MPEG変換時間
(再生時間2分3秒)
26分35秒 9分32秒
■結果
 PentuimⅢ933MHzが1100MHzあたりまで動くのを確認し1064MHzで使用します。
 初めて1GHzオーバーを達成です。
 交換した部品はCPUとマザーボード、メモリーです。


  blog      MovableType