Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的

拡張スロット増設のためmini-ITX 自作PCをmicroATXミニタワーにします。
CPUはそのままでケース、マザーボード、電源をmicro ATX用に組換えです。

■ミニタワーPC

現行mini-ITXをmicro ATXのミニタワーに組換えて標準でx3拡張スロット搭載とします。
現行mini-ITX 「r737自作PC 」 のページはこちら
r737m

■構成パーツ

ミニタワーへの移行に伴いケース、マザーボード、電源をmicroATX対応にします。
CPUは継続使用ですが将来的には5nmのRyzen7000を採用予定です。
Ryzen7000 CPUは「AMD、Computex 2022 に出展」のページを参照。
[Case]
Antec NX200M microATX
ミニタワー /容量27L
Antec NX200M
[CPU] ..継続
AMD Ryzen 7 3700X 3.6-4.4GHz
8c16t /AM4 /7nm /TDP65W
ryzen 7 5700x
[Mother]
Gigabyte B550M AORUS PRO-P  (r1.0)
microATX /AMD B550 /AM4 /PCIe4.0
ASRock B550M
[Cooler]..継続
Noctua  NH-U12P AM4
高さ158mm +120mmファン

NoctuaNH-U12P
[Memory]..継続
Essencore KD4AGU880-36A180U
2x16GB /DDR4-3600
essencore
[SSD]..継続
Western Digital WDS500G2X0C
PCIe 3.0 x4 NVMe /500GB
SSD
[Graphic]..継続
NVIDIA Quadro P2200
x4 DisplayPort 1.4  4K@60Hz
p2200
[PowerSupply]..継続
CORSAIR RM550x
80PLUS GOLD 550W /奥行160mm
rm750 2021

■CPU Cooler

旧品Noctua NH-U12Pが高さオーバー(158mm)で新製品 NH-D12L (高さ145mm)を利用予定でしたが、ケース内に収まるので旧品を利用します。取付にはNM-AM4 Mounting kitを利用です。

NH-U12P

■組込

概略以下の組込手順になります。
組込が終了したら電源ONしBIOSで構成情報などを確認します。
  1. 風向きを確認してSYS-FAN1、SYS-FAN2をケースに取り付けます。
  2. マザーボードにCPU、メモリー、M.2 SSDなど必要なパーツを取り付けます。
  3. マザーボードを組込み、また HDD/SSD、拡張ボードなどのパーツを取付けます。
  4. 電源を取付けてマザーボードやHDDなどに必要な電源ケーブルを配線します。
  5. フロントパネル、USB、AUDIO、SATAなどデータケーブルを接続します。
  6. 外部のディスプレイ、キーボード、マウスなどを接続します。
installation

■パネル

本体上面フロントパネルと背面リアパネルのボタンや端子類です。
リアパネルのMouse/Keyboard端子に代わり4x USB2.0端子追加で使い勝手が向上です。
フロント
front panel
リア rear panel

■BIOS-Memory

使用するメモリはDDR4-3600ですが、2666MHzで動作しています。
UEFI画面から付属のXMPプロファイルを指定して3600MHz動作にします。
Memory

■BIOS-ファン制御

騒音低減のため最適速度にファンの調整が必須です。
アプリにGigabyte Smart Fanを使用しますが、従来使用のASUSのAI Suiteがより効果的につき、ASUSのサイレントモードとほぼ同じ値にマニュアルで設定です。
smart fan

■BIOS-AMD Virtualization

VMwareなどの仮想マシンを動かすので仮想化テクノロジAMD SVMを有効にします。
  1. UEFI画面で[Tweaker][Advanced CPU Setting]を開いて
    [SVM Mode = enabled]
  2. 変更を保存して再起動です。

■BIOS-Fast Boot

PCの起動時間短縮のためにFast Boot関連の設定変更を行います。
  1. UEFI画面で[boot]
    ・[fast boot][USB Support = partial initial]
  2. ・[CSM Support = disabled]
  3. 変更を保存して再起動です。

■Driver

マザーボードを組替えたので添付CDなどからドライバーをインストールします。
インストール後、デバイスマネージャーで「不明なデバイス」がないことを確認します。
またTPM2.0が実装されていなければBIOSでCPUのfTPMをONにします。
以下はドライバーインストール後のデバイスマネージャのサンプルです。
device manager

■温度上昇

室温30℃におけるHWmonitor によるPC内部温度とファン回転数です。
CPU温度はアイドル時40℃付近、高負荷時は80℃付近でファン61%出力です。
temperature

■性能

総合PassMarkベンチマークは台数ベースでトップ10%に近いレベルです。
CPU /メモリ /ディスク各性能はトップ10%前後、グラフィックが平均以上です。
cpu pssmark

■仕様

microATXミニタワーr737m 自作PCの仕様になります。

r737m r737..従来
Case
Antec NX200M /micro-ATX Sliger SM550 /mini-ITX
CPU
AMD Ryzen 7 3700X
8C16T@3.6-4.4GHz /AM4
<-
CPU Cooler
Noctua  NH-U12P
+ NF-A12x25 PWM
Alpenföhn® Black Ridge
+ Noctua NF-A12x15 PWM
Mother board  Gigabyte B550M AORUS PRO-P  (rev1.0) GIGABYTE B550I AORUS PRO AX (rev. 1.0)
Memory
Essencore KD4AGU880-36A180U
DDR4-3600 /16GB x2
<-
SSD C: WDS500G2X0C /500GB
D: Samsung 950 Pro /512GB
E: VK000960G WCNR /960GB
<-
Extension Board ELSA NVIDIA Quadro P2200
PT3 /PCIe2.0 x1 TV Tuner
<-
LAN 1x Realtek® 2.5GbE LAN <-
Wireless
Intel Wi-Fi6 AX200 a/b/g/n/ax + Bluetooth5
Audio
Realtek® ALC1200 codec Realtek® ALC1220-VB codec
I/O Panel
4 x USB 2.0/1.1 ports
4 x USB 3.2 Gen 1 ports
1 x USB 3.2 Gen 2 Type-A (red)
1 x USB Type-C™ -USB 3.2 Gen 2
1 x Q-Flash Plus button
1 x RJ-45 port
1 x optical S/PDIF Out
5 x audio jacks
1 x USB 3.2 Gen 2 Type-A(red)
4 x USB 3.2 Gen 1 ports
1 x USB 3.2 Gen 2 Type-C
1 x Q-Flash Plus button
1 x RJ-45 port
2 x SMA antenna
3 x audio jacks
Graphic出力
x4 DisplayPort 1.4  4K@60Hz <-
Power Supply CORSAIR RM550x 550W Gold Corsair SF450 450W Gold
Display
Dell U2720QM (4K) <-
Mouse
Logcool MX Anywhere 3 <-
Keyboard
Topre RealForce SJ08B0 <-
Power
Idle:ーW
Max:ーW
Idle:39W
Max:260W
Size
W200 xH390 xD351 mm W139 xH208 xD335 mm
Weight
約6.5kg 約5.0kg

■結果


  blog    MovableType