Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的

自作PCのCPUをIntelからAMD Ryzen 7 3700Xに組替えます。
またPCIeを分岐してスロット1個のマザーボードに2枚のボードを実装します。

■AMD Ryzen

CPUは予定のRyzen 5 5600Xから8C16TのRyzen 7 3700X (中古品)にしてコスト低減です。
最新モデルはシングルスレッドでより高性能ですが、旧モデルでも7nmプロセス、DDR4-3200やPCIe4.0など最新テクノロジ採用で高性能です。
なお外付グラフィックにつき、使用中のTVボードとあわせて拡張スロット2個が条件です。
「AMD Ryzen™ 7 3700Xプロセッサー 」 のページはこちら
ryzen

AMD Ryzen 7 3700X
AMD Ryzen 5 5600X Intel i7-9700K
Core /Thred 8 /16 6 /12 8 /8
Clock /Turbo
3.6 /4.4 GHz
3.7 /4.6 GHz 3.6 /4.9 GHz
TDP /Process
65W /7nm
65W /7nm 95W /14nm
Graphic
外付け
外付け
CPU内蔵
CPU Mark
22,810
22,189 14,564
Price /発売
31kyen (中古) /3Q19
35.8kyen /4Q20 36.5kyen /4Q18

■構成

現行i797自作PCに対してCPU /マザーボード/メモリを交換しグラフィックを追加です。
拡張スロット1個を2個に拡張のため、マザーボードはPCIe Bifurcationが条件でGigabyte B550I AORUS PRO AXを使います。
米Sliger社SM550ケースは購入時に2スロットのBifurcated PCIe Riser optionを搭載済です。
CPUクーラは5mmほどケースからはみだしながら、120mm低回転fanとの組合せで静音です。
メモリは複数VM対応で32GB、DDR4-3600 /高さ33mm以下の条件でEssencore製を採用です。
ゲームをしないのでグラフィックは残り物を利用です。
現行「i797自作PC 」 のページはこちら
r737 PC
[CPU]
AMD Ryzen 7 3700X TDP65W
8コア16スレッド 32M Cache
3.6GHz /4.4GHz AM4
i7-6700k
[Mother]
B550I AORUS PRO AX (rev. 1.0)
mini-ITX /B550 /PCIe4.0 /AM4 /DDR4-3200
ROG STRIX Z370i-gaming
[Memory]
Essencore KD4AGU880-36A180U
DIMM /DDR4-3600 /2x16GB
essencore
 [Graphic]
MSI GeForce GT 1030 2G LP OC
PCIe 3.0 x16 (x4)
1x DisplayPort /1x HDMI
gt-1030
[Riser Card]
Sliger Bifurcated PCIe Riser
PCIe3.0 x16 + x8x8
(SM550 Option:+ブラケット)
sliger
[TV Tuner]
Earth Soft PT3
PCIe 2.0 x1
sliger

■互換性

mini-ITXマザーとCPUクーラの組合せでは物理的な干渉の事前確認が必須です。
今回の組合せ対象はB550I AORUS PRO AXマザーとAlpenfohn BlackRidgeクーラです。
PCPartPickerサイトのsystem builderでは互換性をチェックできます。
PCPartPicker のsystem builderページはこちら
PCPartPicker

■Memory

使用するメモリはDDR4-3600ですが、なぜか2666MHzで動作しています。
UEFI画面から付属のXMPプロファイルを指定して3600MHz動作にします。
Memory

■PCIe Bifurcation

今回PCIe x16レーンの拡張スロットをx16 (x8x8)の2スロットに分岐します。
マザーボード側では、UEFIでPCIe Bifurcationの指定をします。
以下はGigabyte B550I AORUS PRO AXのUEFI画面サンプルです。
  1. UEFI画面で[setting][io port]を開いて[PCIEX16 Bifurcation = PCIE 2x8]にします。
  2. 変更を保存して再起動です。
  * 今回はデフォルト(auto)のままですが、PCIe Gen指定が必要なら[setting][miscellaneous][PCIe Slot Configuration = Gen1~4]
gigabyte bifurcation

■ファン回転数制御

騒音低減のため最適速度にファンの調整が必須です。
アプリにGigabyte Smart Fanを使用しますが、従来使用のASUSのAI Suiteがより効果的につき、ASUSのサイレントモードとほぼ同じ値にマニュアルで設定です。
smart fan

■LED消灯

マザーボードLEDは省電力の観点と、就寝中の留守録などでの点灯回避で完全に消灯します。
LED照明の消灯はUEFIでの指定で可能です。
  1. UEFI画面で[setting][miscellaneous]を開いて
    ・[LEDs in System Power on State = OFF]
    ・[LEDs in Sleep, Hibernation, and Soft Off State = OFF]
  2. 変更を保存して再起動です。

■AMD Virtualization

VMwareなどの仮想マシンを動かすので仮想化テクノロジAMD SVMを有効にします。
  1. UEFI画面で[Tweaker][Advanced CPU Setting]を開いて
    [SVM Mode = enabled]
  2. 変更を保存して再起動です。

■Fast Boot

PCの起動時間短縮のためにFast Boot関連の設定変更を行います。
今回はPOST(Power On Self Test)時間がUSB関連で6秒ほど短縮の効果ありです。
  1. UEFI画面で[boot]
    ・[fast boot][USB Support = partial initial]
  2. ・[CSM Support = disabled]
  3. 変更を保存して再起動です。
atart-up time

■Driver&アプリ

intelが動作してたWin10はAMDドライバー等を追加し再インストールなしで継続利用です。
なおWindowsなどのライセンスは新規PC扱いになるので、Microsoftアカウントで移行元PCをデバイス一覧から削除してライセンス認証できるのを待ちます。
以下はドライバーインストール後のデバイスマネージャのサンプルです。
device manager

■性能テスト

PassMark Performance Testの実測値です。
Ryzen 7 3700XのCPU Mark値は移行前i7-6700Kの160%となりました。
以下はPassMarkパフォーマンステストとCrystalDiskMarkの結果です。
PassMark CPU Benchmarks のページはこちら
Passmark
Disk Performance
Disk Performance2

■温度とファン回転数

室温24℃でのHWMonitorによるPC内部温度とファン回転数です。
CPU温度はアイドリング時40℃前後、ベンチマーク最大71℃でマージンありです。
CPUファンはアイドリング400rpm前後、ベンチマーク最大1400rpm は約70%出力です。
ケースファンはアイドリングからベンチマークを通して450~560rpmと静音です。
マザーボードのヒートシンクで冷却のWDのM.2 SSDは従来ASUSより-10~-20℃も冷却効果大でベンチマーク最大でも61℃に収まりました。
temprature

■消費電力

アイドル時のシステム消費電力はやや増大です。
Idle Power

■仕様

Ryzen 7 3700Xを搭載したr737 自作PCの仕様になります。

r737
i797 ..従来
OS
Windows 10 Pro <-
Case
Sliger SM550 /mini-ITX
+ Bifurcated PCIe Riser option
<-
CPU
AMD Ryzen 7 3700X 8C16T
@3.6-4.4GHz /AM4
Intel Core i7-9700K 8C8T @3.6-4.9GHz /LGA1151
CPU Cooler
Alpenfohn Black Ridge
Noctua NF-A12x15 PWM 120x15
<-
Mother board B550I AORUS PRO AX (rev. 1.0) ROG STRIX H370i Gaming
Memory
Essencore KD4AGU880-36A180U
DDR4-3600 /16GB x2
DIMM /DDR4-2666 /8GB x2
Graphic
外付け HD630
Drive Bays 2x 2.5" <-
SSD C: WDS500G2X0C /500GB
D: Samsung 950 Pro /512GB
+ AquaComputer kryoM.2 micro e heatsink
E: VK000960G WCNR /960GB
<-
Extension Board PT3 /PCIe2.0 x1 TV Tuner
MSI GeForce GT 1030 2G LP OC
PT3 /PCIe2.0 x1 TV Tuner
LAN 1x Realtek® 2.5GbE LAN
1x Intel® I219V
1x Realtek® RTL8111H
Wireless Intel® Wi-Fi 6 AX200 a /b /g /n /ax
Bluetooth 5
Wi-Fi 802.11 a /b /g /n /ac
Bluetooth v5.0
Storage
1x M.2 xPCIe4.0 /2242 /2260 /2280
1x M.2 xPCIe3.0 /2242 /2260 /2280
4x SATA /6Gbps  (RAID 0 /1 /10)
1x SATA Express (2x SATA 6.0Gbps)
2x M.2 xPCIe3.0 /2242 /2260 /2280
4x SATA /6Gbps (RAID 0 /1 /5 /10)
Audio
Realtek® ALC1220-VB codec SupremeFX 8-Ch CODEC S1220A
I/O Panel
1 x DisplayPort
2 x HDMI ports
1 x USB 3.2 Gen 2 Type-A(red)
4 x USB 3.2 Gen 1 ports
1 x USB 3.2 Gen 2 Type-C
1 x Q-Flash Plus button
1 x RJ-45 port
2 x SMA antenna
3 x audio jacks
1 x DisplayPort
1 x HDMI
2 x LAN (RJ45) port(s)
2 x USB 3.1 Gen 2
1 x USB 3.1 Gen 1 (blue) Type-C
3 x USB 3.1 Gen 1
1 x Optical S/PDIF out
5 x Audio jack(s)
1 x Wi-Fi antenna
Graphic出力
HDMI /DisplayPort (4K)
HDMI /DisplayPort (4K)
Power Supply Corsair SF450 450W Gold <-
Display
Dell U2720QM (4K) <-
Mouse
Logcool MX Anywhere 3
Logcool MX Master 2S
Keyboard
Topre RealForce SJ08B0 <-
Power
Idle:39W
Max:260W
Idle:28W
Max:220W
Size
W139 xH208 xD335 mm <-
Weight
約5.0kg <-

■結果


  blog      MovableType