Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的

Windows 11へのアップグレード互換性をアプリで確認します。
また今回は互換性無し判定の自作PCをUEFI設定変更で有りとします。

■Windows 11

Windows 11は2021秋にリリース予定で10から無料アップグレード可です。
2025/10月延長サポート終了の10は、あと4年余りで11への更新が必須です。
新しいWindows11へのアップグレードのページはこちら
windows 11

■互換性

使用中のr737自作PCのWindows 11の動作要件を確認します。
特に暗号化などのTPM(Trusted Platform Module)チップやファームの有無がポイントです。
要件を満たすかどうかはMicrosoftのPC正常性チェックアプリで確認できます。
Microsoft PC正常性チェックアプリのダウンロードはこちら
r737自作PCの最新仕様はこちら
項目
r737自作PC Win11要件
CPU ◎Ryzen 7 3700X (3.6GHz /8コア) >1GHz /2コア
メモリ ◎32GB >4GB
ストレージ ◎500GB >64GB
ファームウェア ◎Gigabyte B550I UEFI /Secure Boot
TPM ◎Ryzen 7 3700X (farmware) TPM 2.0
GPU ◎Quadro P2200 DirectX 12 /WDDM 2.0
ディスプレイ ◎Dell U2720QM (4K /27型 /10bit) >1280×720 /9型 /8bit

■UEFI設定

r737自作PCは比較的最新のハードウェアながらアプリでは互換性なしの判定です。
ただTPMとSecure BootのUEFI設定変更後の再チェックで実行可となりました。
以前のモデルでは工場出荷時に無効にされた要件もあるので注意が必要です。
なおUEFI設定サンプルはGIGABYTE B550I AORUS PRO AXマザーボードのものです。
win11 check
[TPM]
  1. [Setting][AMD CPU fTPM =Enabled]
    fTPM
[Secure Boot]
  1. [Boot][CSM Support =Disabled]
    Secure Boot 1
  2. [Secure Boot] [Secure Boot Mode =Custom]、[Restore Factory Keys =yes]、[Secure Boot =Enabled]
    Secure Boot 2

■トラブルシューティング

GIGABYTE B550IマザーボードでSecure Boot =Enabledでのエラー対応です。
[エラー]
System in Setup mode !
Secure Boot can be enabled System in User mode. Repeat operation after enrolling Platform Key.

[対応]
[Secure Boot Mode =Custom]にして[Restore Factory Keys]をyesで応答後に[Secure Boot]をEnabledにして解消

■結果


  blog      MovableType