Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的

Hard Disk Manager 17 ProfessionalをHDイメージバックアップに利用します。
操作画面がリニューアルされ、バックアップファイル形式がpvhdに変更です。

■Hard Disk Manager 17 Pro

独Paragon Software-Group社のハードディスク/SSD管理のオールインワンツールです。
HDD/SSD、パーティション、ファイル、フォルダ単位のバックアップ、パーティション操作、ディスクコピー、データ抹消、仮想化機能が含まれます。
PARAGON社Hard Disk Manager 17 Professionalのページはこちら
HDM
function

■対応OS

対応OSはWindowsになります。
Windows 7(sp1) Home / Professional / Enterprise / Ultimate
Windows 8.1 Pro / Enterprise
Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education October 2018 Update (Version 1809)
(x86, x64各日本語版)

■特徴・機能

HDM 17 Proの特徴や機能です。
Win10 2004 ●Windows 10 May 2020 Update(バージョン 2004)に対応
ライセンス ●1ライセンスで3台のパソコンまで同時に利用可。
デザイン ●ユーザーインターフェイスデザインを刷新
design
バックアップ ●対象:PC全体、HDD/SSD、パーティション、ファイル・フォルダまど
●保存先:ローカルドライブ・外付けドライブ・ネットワークドライブ
●スケジュール設定:シンプル操作
●増分バックアップサポート
パーティション ●OSを含むパーティションの拡張、縮小、分割
DISKコピー ●HDDから容量の小さいSSDへの変換も自動実行
データ消去 ●SSDにも対応のデータ消去サポート
ファイルシステム変換 ●ファイルフォーマットの相互変換(NTFS⇔ReFS)、APFS/XFSなどの最新ファイルシステム操作が可能。
Eメール通知 ●GmailやOutlookに加えて、プライベートSMTPを介してスケジュールバックアップなどの各操作の結果を通知
起動メディア ●Windows PEに加えて、Linuxベースの起動メディアも作成可
*LinuxメディアならuEFI+NVMe(NVM Express)データ消去可
旧PBF互換性 ●バージョン15までのPBF形式復元に対応

■リカバリーメディアビルダー

リカバリーメディアビルダーから起動用メディアを作成できます。
OS が起動不能でも、メディアからPCを起動して、システムの復旧を行えます。
recovery media
メディアの作成手順です。

  1. [設定とツール][リカバリーメディアビルダー/Microsoft Windows PE]を選択。
  2. [Creation Mode=Use ADK]にしてADKが未インストールなら[Download ADK]リンクからMicrosoft ADKをインストールします。
  3. インストール終了なら[Find ADK]でインストールパスを探します。
  4. [Path to Installed ADK]にADKのインストール先を入力します。
  5. [Choose Media Distination=ISO file]でISOリカバリーメディアが作成されます。
  6. 完成したISOファイルはRufusアプリ等でUSBメモリから起動可能にします。
    Rufus ブータブルUSB作成のサンプルはこちら

■イメージバックアップ

Cドライブを含むHDD/SSDドライブのイメージバックアップの手順です。
recovery media
  1. [バックアップ]メニュを開きます。
  2. [バックアップの対象]から[ディスクまたはパーティション]を選択します。
  3. 選択画面から[バックアップ対象ディスク]を選択し[OK]です。
  4. [保存先]からイメージの保存先を[ローカルフォルダ]にし保存先フォルダを選択し[OK]です。必要ならフォルダーの新規作成が可能です。
  5. 必要なら[スケジュール]や[バックアップオプション]を指定します。
  6. [今すぐバックアップ]でバックアップが開始で、終了でバックアップ完了です。

■イメージ復元

ドライブのバックアップイメージを復元の手順です。
restore
  1. [メニュ]画面で[ファイルから復元]タブを選択します。
  2. [パーティション/ディスクの復元]をクリックします。
  3. [復元するイメージを選択]画面から保存先フォルダーを選択します。
  4. [復元対象と復元先]画面が表示されるのでそれぞれ復元対象を選択します。[変更前]と[変更後]ボタンで復元先のパーティション構成を確認 できます。
  5. [今すぐ復元]でリストア開始し、完了したらPCを再起動します。

■性能

Cドライブを含むSSDのイメージバックアップ/リストアの処理時間実測値です。
これまでの旧バージョンで10分前後が、2分程度に大幅に短縮されました。
Partition Copy
[対象ドライブ]
バックアップドライブ:SSD /M.2 PCIe NVMe /512GB (使用済: 51.5GB)
保存先ドライブ:SSD /SATA /1TB

■結果



  blog      MovableType