Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 オフシーズンに選択のスキー用具は、シーズンの成績を左右します。
 2009シーズンに向けて予定しているのはSLがRossignol、GSがAtomicスキーです。

■SL: Rossignol RADICAL RS WC I-BOX
 
 
選手用スラロームスキーで、以下はショップのコメントです。
「ワールドカップでロシニョール復活の狼煙を上げたスキー。ハイポテンシャルのスキーなので、それなりのレーサーに乗ってほしい。このスキーも数量限定。」

項目 仕様 購入予定
サイズ 150-155-165 cm 155cm (For women)
ビンディング AXIAL2 200 World Cup Mflex (DIN10-18)  
サイドカット SIP 116.5-65.5-100 r>11m
構成 Rectangular /iBox  
構造 サンドウィッチ  
 [試乗]
 9S WC RK WC 2005のモデルから乗り換えても何の違和感も感じません。
 比較すれば、操作性が軽快でフレックスとエッジグリップがやや強くなったか?
  フレックス:普通(硬くもなく/柔らかくもなく)
  操作性:軽快で操作は非常に楽。パワーの必要は感じない
  エッジグリップ:やや強い?(チューンアップ次第)
  走り:普通
  ポール:ターン後半の抜けが良く、早い前半の捕らえでタイムを稼げそう。
  フリー滑走:何の問題もなし/体軸移動だけで方向が変わりskiが戻る/基礎用にも使用可。
  *個人的には相性の良いSLの板と感じる。

■GS: Atomic GS 12 RS for Women

選手用GSスキーで以下は購入先のショップのコメントです。
「こちらは女子選手用バージョンで、R≧23mに対応します。スキー全体をソフトに設定して、プレートもWCプレートよりも、やや柔らかいスチール製レースシャーシに変更。しかし、弱々しさ皆無で、『for Men』を更に扱い易くしたフィーリングで、潜在能力の高さを感じます。女性レーサーは勿論ですが、マスターズやFIS規制に縛られないレーサーにも選択肢に入れて頂きたい1台です。」

項目 仕様 購入予定
サイズ 175 -183cm 183 cm (For women)
ビンディング Atomic Race 614 /1018 614
サイドカット r>23m  
構成 -  
構造 サンドウィッチ  
■従来モデル
 SL: 2008 Volkl Racetiger SL(選手用)
  ポールに入れば何の問題もないのですが、フリーではパワーを要求されます。
  そのせいか昨シーズンの成績は今ひとつ。フレックスの柔らかいほうを好むので思い切ってチェンジします。
 GS: 2007 Volkl Racetiger GS(選手用)
  手に取ると硬いのだが、すべると強烈なグリップでかつしなやかなフィーリング。
  アイスバーンでの切れは抜群で個人的には気に入っているのだが、成績は今ひとつ。
  結果的にビンディングの誤解放が多いのも乗り換えの理由のひとつです。

■結果
 経験から言えばフィーリングと競技会でのタイムは一致しない点で用具選択は一種の賭けと同じです。
 2009シーズンはいずれもfor Womenの板でタイムアップを狙います。

  blog      MovableType