Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 2008 Volkl RaceTiger SLが届きました。
 概要をメモします。

■Volkl RaceTiger SL..選手用
 このSLスキーは独Volkl社のワールドカップ選手用モデルになります。
 昨年から使用のGSモデルのフィーリングがよいので、08シーズンはSLモデルもVolklにチェンジです。

 Size:165cm
 SideCut:116/64/99
 Binding:Marker COMP16 EPS
 Plate:Marker WC PC Interface SL

  Volkl RaceTigerのサイトはこちら

■試乗
 2007/11/25のスノータウンYetiでフリースキーでの試乗報告です。
 [比較対象]
 2006使用SL:Rossignol 9S WC RK WC 2005 155cm...選手限定
 2006使用GS:Volkl RaceTiger Worldcup GS 180cm..選手用
 [試乗結果]
 昨年まで使用のRossignol 9Sより10cm長いですが違和感はまったくありません。
 フレックスは昨年まで使用のRossignol 9Sより固めですが、乗ると硬さの違いは感じません。
 早朝AM8:00からの試乗でしたが、硬いバーンでも柔らかいバーンでも扱いやすさは変わりません。
 GSのスキーと比べるとエッジングの強さには物足りなさを感じます。
 今回の条件とは別に、掘れの大きい硬いバーンをしなやかにターンしてくれればいうことなしです。

■チューンアップ
 試合前に必ず自前でチューンアップするのですが、以下が気になります。
 ・滑り終えた時点ですでにエッジにさびがあり、通常より錆びやすい材質を使用しているようです。
 ・最初のチューンアップ時にトップとテール2箇所x2本とも同じ場所にエッジの"焼き"を発見しました。
 ・4箇所とも同じ場所なので、スキーの仕上げの問題と思います。
 ..同じVolklでもGSの板は錆も普通で、"焼き"もまず入らないので、この板固有の問題と思われます。

■結果
 選手用のスキーは全容が公開されないケースが多く、今回もウッドコア以外は詳細を確認できていません。
 SideCut値は実測です。
 PlateはSL用のMotion Piston付です。
 フリースキーの範囲では想像以上に扱いやすく半日だけの使用にも関わらず、すぐにレースで使用できそうです。

  blog      MovableType