Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 z97チップセットのマザーボードからSATA EXPRESSコネクタが存在します。
 従来のSATAとは何が違うのでしょう。

■SATA Express
 SATA Epressの前身はSATAです。
 max転送速度6GbpsのSATAは現時点最も多く使われているHDD接続インターフェースです。
 ただ回転媒体を利用するHDD用に開発されたSATAでmax6Gbpsを超えるSSDに対応するのは非実用的です。
 SATA Expressは高速PCIe接続SSDと従来SATAデバイスの両方に対応するインターフェースになります。

■ハードウエア
 SATA EXPRESSのハードウェアはSATAデバイスとPCIeデバイスの接続を可能にします。
 またSATA Expressコネクタには2台のSATAデバイスを接続できます。
 コネクタを共用しているのでSATA EXPRESSデバイスとは当然排他利用になります。
sata express
 図1 SATA Expressハードウェア

■ソフトウェア
 SATA EXPRESSは従来AHCIとSSD対応NVMeのソフトウェアインターフェースをサポートします。
 SATAポートではAHCIドライバーを、PCIeポートではデバイスに合わせてAHCIとNVMeドライバーを使用します。
 以下の図で左側がSATAポート、右側がPCIeポートのケースになります。
nvme
  図2 SATA Expressソフトウェア

■関連ページ
 SATA-IO 「SATA EXPRESS」 のページはこちら

■結果
 SATA EXPRESSは同じポートでSATAとPCIeで通信可能なハードウェア構成です。
 ドライバーはSATAデバイスがAHCIをPCIeデバイスはデバイスに合わせてAHCIあるいはNVMeを使います。
 転送速度は6Gbps以上ですが基本的にはデバイスと使用するPCIeレーン数で決まるようです。
 現時点、SATA EXPRESSポートは2個のSATAポートとして使用しているのが現状です。

  blog      MovableType