Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 Nexus Playerの画面イメージを取得します。
 使用するのはAndroid SDK Toolsです。

■構成
 Android SDK ToolsとJAVA SDKをPC側(Win 7/64bit)にインストールしてUSBでNexusPlayerと接続します。
config
■開発者向けオプション
 Android SDK Toolsを使うためにNexus Playerの開発者向けオプションでUSBデバッグをONにします。
 USBデバッグがOFFだとPCがNEXUS PlayerをUSBデバイスとして識別できません。

[設定][端末][端末情報][ビルド]を選択しク リックを繰り返すことで開発者向けオプションを有効にします。
[設定][設定][開発者向けオプション][デバッグ][USBデバッグ=on]

usb
■Google USB Driver
 USBデバッグを有効にしてPCにUSB接続すると「そのたのデバイス」としてデバイスマネージャに表示されます。
 Windows用のGoogle USB Driver(Android Composite ADB Interface)をダウンロードしてインストールします。

[Google USB Driver]にアクセ スします。
[Click here to download the latest Google USB Driver ZIP file]のリンクページからzipファイルをダウンロードします。
ダウンロードしたlatest_usb_driver_windows.zipファイルを解凍します。
[デバイスマネージャ][そのたのデバイス/android/右クリック][ドライバソフトウェアの更新]
[コンピュータを参照してドライバソフトウェアを検索します]
[コンピュータ上のデバイスドライバの一覧から選択します]
[ディスクを使用][参照=ダウンロード先フォルダー][OK]
[Android Composite ADB Interface/選択][次へ]でインストールが実行されます。

device
■JAVA SDK
 PCにJAVA SDKをインストールします。
 OSがWin7/64bit PCにおけるインストールサンプルです。

[JAVA SE Download]ページで [JDK/Download]リンクから[Java SE Development Kit 8 Downloads]にアクセスします。
[Java SE Development Kit 8u45/Windows x64/jdk-8u45-windows-x64.exe]をダウンロードします。
ダウンロードファイルを実行し画面の指示に従ってインストールします。

■Android SDK
 PCにAndroid SDKをインストールします。
 OSがWin7/64bit PCにおけるインストールサンプルです。

[Download Android Studio and SDK Tool]ページにアクセスします。
[SDK Tools Only/Windows/installer_r24.2-windows.exe]でAndoroid SDKをダウンロードします。
ダウンロードファイルを実行し画面の指示に従ってインストールします。
インストール終了後Android SDK Managerを起動します。 
パッケージのチェックマークをすべてクリアしたのち以下のツールのチェックマークをオンにします。
・Android SDK Tools
・Android SDK Platform-Tools
・Google USB Driver
[install x packages..][Accept License=on]
[install]でインストールが開始されます。
ログ表示で[Done install packages]を確認できたら終了です。
3つのパッケージが[installed]になっているのを確認します。
device
■Path環境変数
 接続するPCの環境変数Pathにplatform-toolsのパスを追加します。
[コントロールパネル][システム][システムの詳細 設定][環境変数]で環境変数の設定画面を開きます。
Pathの最後に区切り;とplatform-toolsの絶対パスを追加します。
[システム環境変数/Path=..省略..;C:Program Files(x86)\Android\android-sdk\platform-tools]

■adbコマンド
 PC側のコマンドプロンプトを開いてadbコマンドを実行すると使用できるコマンドリストを表示します。
 表示できたらadbコマンド実行環境の構成完了です。

> adb
Android Debug Bridge version 1.0.32
..省略..

■デバッグ許可
 USBデバッグの最初のコマンドでは以下のエラーメッセージを表示します。

> adb shell screencap -p /sdcard/screen.png
 * daemon not running. starting it now on port 5037 *
 * daemon started successfully *
 error: device unauthorized. Please check the confirmation dialog on your device.
 Nexus Player側に表示されるメッセージに対して[許可する=on]で応答します。
debug
■スクリーンショット
 PCのコマンドプロンプトを開いてスクリーンショット保存先ディレクトリに移行してからadbコマンドを実行します。
 Nexus Playerに画像を作成し、PCのカレントディレクトリに転送したら、転送元画像を消去です。
> cd c:\user\xxx\Pictures
> adb shell screencap -p /sdcard/screen.png
> adb pull /sdcard/screen.png
> adb shell rm /sdcard/screen.png 

main screen

■参考資料
  AndMem 「【ADB】Java(JDK)とAndroid SDKを導入してADBコマンドを使えるようにする...2015/2/18更新
  Random Stuff 「Grab Android screenshot to computer via ADB

■結果
 Win7/PCにNexus PlayerをUSB接続しスクリーンショットの取得が可能になりました。
 使用するソフトウェアはJAVA SDKとAndroid SDKにUSB接続のためのGoogle USB Driverです。
 PCのコマンドプロンプトからキャプチャ/ファイル転送/画像消去のadbコマンドで画面を取得します。


  blog      MovableType