Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 ChromebookにUbuntu/Xfce4をインストールしました。
 言語を英語から日本語にし日本語入力を可能にします。

■APP
 日本語環境インストールの前にAPPをインストールしておきます。
 sudo apt-get update
 sudo apt-get install software-center                        Ubuntuソフトウェアセンター
 sudo apt-get install language-selector-gnome            Package:Language selector for Ubuntu
 sudo apt-get install git                                           ソース管理システム
■日本語環境
 先にUbuntuのバージョンを確認します。
 ~$ cat /etc/lsb-release
 DISTRIB_ID=Ubuntu
 DISTRIB_RELEASE=14.04
 DISTRIB_CODENAME=trusty
 DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 14.04.2 LTS"
 Ubuntu Japanese Team 日本語環境のページで日本語追加パッケージをインストールします。
 今回はUbuntuバージョン14.04.2 LTS対応のパッケージです。
 「Ubuntu Japanese Team 日本語環境」のページはこちら
 wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-ja-archive-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
 wget -q https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu-jp-ppa-keyring.gpg -O- | sudo apt-key add -
 sudo wget https://www.ubuntulinux.jp/sources.list.d/trusty.list -O /etc/apt/sources.list.d/ubuntu-ja.list
 sudo apt-get update
 sudo apt-get upgrade
 sudo apt-get install ubuntu-defaults-ja
 /etc/profileの最後に以下の6行を追加します。
 完了したらログオフし本体を再起動します。
  ~$ sudo mousepad /etc/profile
 export LANG=ja_JP.UTF-8
 export LANGUAGE="ja_JP:ja"
 export GDM_LANG=ja
 export GTK_IM_MODULE=ibus
 export XMODIFIERS=@im=ibus
 export QT_IM_MODULE=ibus
 日本語キーボードなら[設定][キーボード]で日本語キーボードに変更します。
 最後にiBusを自動起動するようにします。
 [アプリケーションメニュ][設定][セッションと起動/自動開始アプリケーション][追加]
 [名前=xxx][説明=xxx][コマンド=ibus-daemon -rdx]
■日本語入力設定
 使用中のChromebookはUSキーボードです。
 右上パネルのiBUSアイコンから日本語切替えを[ctl+space]から半角/全角キーと同じ位置のキーに変更します。
  [iBusの設定][全般][キーボードショートカット/次のインプットメソッド=grave]
 また入力メソッドを好みの方法に変更します。
  [iBusの設定][インプットメソッド/アクティブな入力メソッドのカスタマイズ=on][メソッド=日本語-Mozc、英語-English(US)]
input
■結果
 ChromebookでChromeOSに加えてUbuntuの日本語環境と入力が可能になりました。
 最終的にWindows PCと同じWeb/BlogオーサリングのBlueGriffonを使えるようにします。

  blog      MovableType