Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 長い時刻同期間隔による時刻のずれに対応します。
 同期先をNICTに変更し間隔を短くします。

■NICT
 NICTは独立行政法人/情報通信研究機構の日本標準時グループです。
 維持、管理している日本標準時(JST)は標準電波(JJY)、NTPサーバー、電話回線を通じて供給されます。
 ネットワークに接続のPCは自動的にNICT公開時刻サーバーと時計を同期できます。
 日本標準時グループのサイトはこちら

■同期
 Windowsなら、
 [コントロールパネル][日付と時刻の設定][インターネット時刻][設定の変更]で設定画面を開きます。
 [サーバー=ntp.nict.jp][OK]で同期設定完了です。
 setup

■間隔
 録画中に同期のためには間隔をWindowsデフォルトの7日から1時間(3600秒)にします。
 変更はregeditを起動しレジストリでポーリング間隔を書き換えます。
 なお同期間隔1回/時はNICTの間隔制限20回/時以下をクリアします。
 HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\W32Time\TimeProviders\NtpClient
 SpecialPollInterval=3600
 sync
 Microsoft Support 「WindowsTimeサービスにおける時刻同期の仕組み」はこちら

■結果
 自作録画PCはNICTに同期させ間隔を1時間に変更しました。
 間隔1時間なら1時間の録画中に最低1回は同期されるはずです。
 * 結果的に最新録画中の時刻同期を確認できました。

  blog      MovableType