Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 Xcopyに替えてRobocopyでデータをバックアップします。
 バックアップ先はNASです。

■背景
 XCOPYでデータをバックアップ中です。
 バックアップ先のFilesystemが同じでないと更新の判定を誤り、コピー不要のファイルが多数コピーされてしまいます。
 これを回避のためにXcopyに替えてRobocopyの/fftオプションを使います。
 TIPS:「Xcopy動作異常」はこちら

■Robocopy
 Robocopyはファイル同期のためのコマンドですが、今回バックアップに使用します。
 バックアップ先のファイル比較で新規/更新ファイルを常時同一バックアップ先に上書きします。
 結果的に最小限のバックアップ容量で新規/最新編集/削除ファイルがリストア可能になるのはXcopyに同じです。
 以下はコマンドのサンプルです。
 robocopy D:\Documents Y:\BK /S /E /XO /XF ~*.* /R:0 /W:0 /LOG:D:\bk\bk.log /XA:SH /FFT /NP /NDL /TEE /XJ /XJD /XJF
項目 仕様 備考
logファイル d:\bk\bk.log
COPY元 D:\Documents Win8.1 /NTFS
COPY先 Y:\bk\ NAS /Linux
除外指定 /XF ~*.*
Officeの一時ファイルを除外する
オプション /S /E 空を含むサブフォルダ―
/XO 古いファイルを除く
/R:0 /W:0 再試行待ち時間を0にする
/LOG ログファイル指定
/XA:SH システムファイル/隠しファイル除外
/FFT タイムスタンプのずれ2秒を許容
/NP コピー進行状況を表示しない
/NDL ディレクトリ名をログに記録しない
/TEE ステータスをコンソールにも表示する
/XJ /XJD /XJF 接合点を除外する

 ROBOCOPYのリファレンスページはこちら

■ログファイル
 ログファイルのサンプルです。
 -------------------------------------------------------------------------------
   ROBOCOPY     ::     Windows の堅牢性の高いファイル コピー                             
 -------------------------------------------------------------------------------
  開始: 2014年10月29日 15:10:22
   コピー元 : D:\Documents\
   コピー先 : Y:\BK\
    ファイル: *.*
  除外ファイル: ~*.* 
   オプション: *.* /FFT /NDL /TEE /S /E /DCOPY:DA /COPY:DAT /NP /XO /XJ /XA:SH /R:0 /W:0
 ------------------------------------------------------------------------------
      新しいファイル           51976    D:\Documents\システム\Backup\xcopy_backup設定.docx
      新しいファイル          801482    D:\Documents\システム\Backup\xcopy_backup設定.pdf
      新しいファイル            2524    D:\Documents\システム\Centos\centos_install.txt
      新しいファイル          357301    D:\Documents\システム\Centos\Clonezilla_Backup&Recovery.docx
      新しいファイル          207669    D:\Documents\システム\Centos\Clonezilla_Backup&Recovery.pdf
   ―省略-
 ------------------------------------------------------------------------------
                  合計     コピー済み      スキップ       不一致        失敗    Extras
   ディレクトリ:        35        34         0         0         0         0
     ファイル:       290       280        10         0         0         0
     バイト:   58.29 m   57.93 m   362.3 k         0         0         0
     時刻:   0:00:59   0:00:42                       0:00:00   0:00:16

     速度:             1432966 バイト/秒
     速度:              81.994 MB/分
   終了: 2014年10月29日 15:11:22

■ログの保存
 通常の指定ではログファイルは上書きされて最新ログしか残りません。
 bk_20141030.logのようにファイル名に日付を付加して上書きを回避するには以下のように指定します。
 set dt=%date:~0,4%%date:~5,2%%date:~8,2%
  robocopy ......./LOG:D:\bk\bk_%dt%.log .....
■結果
 XCOPYに替えてROBOCOPYを使用します。
 タイムスタンプによる新旧判別異常回避のためRobocopyの/fftオプションを使います。
 Win8.1からNAS(Linux)へのバックアップで14%ほどの更新ファイル誤判定はゼロ件に収束です。
 ログファイルを出力することで実行結果はもちろんオプションや転送速度なども確認できます。

  blog      MovableType