Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 XCOPYコマンドでデータをバックアップします。
 クラシックな方法ながら最も簡単かつ効率的かもしれません。

■XCOPY
 XCOPYはファイルやフォルダーをツリー状態のままコピーするWindowsコマンドです。
 新しいファイルだけ、かつ上書き指定ができ、最新履歴はもちろん削除や名前変更されたファイルを残すことができます。

■batファイル
 バックアップには以下のbatファイルを使います。
 set logfile=d:\bk\bk.log
 echo %date% %time% >> %logfile%
 xcopy D:\Documents Y:\bk\ /EXCLUDE:D:\bk\exclude.txt /D /S /E /C /Y /R >> %logfile%
 echo; >> %logfile%
項目 仕様 備考
logファイル d:\bk\bk.log 日時/バックアップファイル/改行を出力
COPY元 D:\Documents
COPY先 Y:\bk\
除外指定 D:\bk\exclude.txt
オプション /D 新しいファイルのみ
/S /E 空を含むサブフォルダ―
/C エラーを無視
/Y 上書き確認を表示しない
/R 読み取り専用ファイルもコピー

 XCOPYのリファレンスページはこちら

■除外指定
 以下は除外指定ファイルのサンプルです。
 $~
 ~$
 ~WRL
 .tmp
 .temp
 IMG00001.DAT
 outlook.pst
 Thumbs.db
 pspbrwse.jbf
 pagefile.sys
 win386.swp
 catalog.wci
 .ci
 .0
 .1
 .2
 .3
 .4
 .5
 .6
 .7
 .8
 .9
 .000
 .001
 .002
 .003
 .004
 .005
 .006
 .007
 .008
 .009
 .log
 @done
 @work
 @backup
■ログファイル
 ログファイルのサンプルです。
 2014/09/05 12:59:15.34
 D:\Documents\システム\Backup\xcopy_backup設定.docx
 D:\Documents\システム\Backup\xcopy_backup設定.pdf
 D:\Documents\システム\Centos\Linux_Backup&Recovery.docx
 D:\Documents\システム\Centos\Linux_Backup&Recovery.pdf
 D:\Documents\システム\Centos\Linux_VirusScan導入.docx
 D:\Documents\システム\Centos\Linux_VirusScan導入.pdf
 6 個のファイルをコピーしました

■結果
 バックアップ先の容量増加を少なくできるのでフル+差分バックアップから切り替えました。
 タスクスケジューラーでbatファイルを起動すれば定期的に自動実行が可能です。
 ログファイルを出力することで実行結果を確認できます。

  blog      MovableType