Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 複数のメールアカウントをThunderbirdで取り扱います。

項目 内容
シングル
アカウント
メールの送受信には送信用サーバ、受信用サーバを使用します。
一般的に以下のサーバーが多く使用されているようです。
 送信:SMTPサーバ
 受信:POPサーバ

■メールの受信
受信サーバから受信します。Thundebirdではアカウントに対応したフォルダ(account1)またはlocalフォルダの いずれかに受信メールを格納します。
 

■メールの送信
SMTPサーバに送信し送信先に送られます。Thundebirdではアカウントに対応したフォルダ(account1)または localフォルダのいずれかに送信メールを格納します。
 

複数アカウント 複数のメールアカウントをThunderbirdで送受信するケースでは、以下のようになります。
■メールの受信
複数の受信サーバからメールを受信します。受信したメールはそれぞれのアカウントに対応したフォルダまたはローカルフォルダのいずれ かに格納します。
 

■メールの送信
複数のアカウントを持っていてもそれらのいずれか1つを送信サーバとして使用します。このとき差出人は、たとえばaccount2の フォルダが開かれているときはaccount2が差出人になります。また返信・転送時は受信アドレスが自動的に差出人になるようで す。結果的にはaccount1の送信サーバがaccount2に変身して振舞っているように見えます。なお差出人はメール毎に手動 でも指定・変更が可能ですがその必要はほとんどありません。
送信したメールはそれぞれのアカウントに対応したフォルダまたはローカルフォルダのいずれかに格納します。
 

その他 1.メールの保存先とバックアップ
■送受信メール
ローカルフォルダーあるいは各アカウントごとに保存先を指定できます。デフォルトはイ ンストール先ディレクトリです。保存先を指定するとともにバックアップします。
■アドレス帳
個人用と記録用の2種類があります。保存先は表面上指定できないようです。とりあえず はエキスポートしてバックアップします。
2.テンプレートと署名
返信、転送時の署名は1種類しか指定できないようですが、新規作成時はテンプレートで代用できます。

2.アドレス自動登録
指定により送信アドレスを自動登録が可能です。これにより返信アドレスが自動登録されるのでアドレス帳作成の手間が省けます。

3.関連ドキュメント
Thunderbirdの初歩的な使用法はこちらです
■結果 複数のメールアカウントを1つのメーラで受信している環境をThunderbirdに移行するとかな り戸惑ってしまいます。それは送信サーバをいずれか1つのサーバで代用していることがメールの保存先をグレイにしてしまう点です。結 果的には送信サーバに関係なくアカウントごとに指定されたフォルダに保存されることがわかり、バックアップが必要なフォルダーもクリ アになりました。
アドレス帳については保存先は表面上指定できないようですので、とりあえずはエキスポートしてバックアップします。

  blog      MovableType