Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 Win8.1でWindows Server 2003ドメインコントローラをリモート管理します。
 使用するのはWindows 8.1 RSATです。

■RSAT
 Remote Server Administration Toolの略。
 Windows8.1 RSATはWindows2003/2008/2012のサーバをネットワークを経由して管理できます。
 今回はWindows 2003 Active DirectoryのドメインサービスをWindows8.1クライアントPCでリモート管理します。
rsat
 Microsoft TechNet「リモートサーバ管理ツールとは」はこちら

■ダウンロード/インストール
 Windows 8.1 RSATはMicrosoft Download Centerよりダウンロードしインストールします。
 Windows7ならさらに[コントロールパネル][プログラムと機能][Windowsの機能の有効化または無効化]が必要です。
 Download Center「Windows 8.1 用のリモート サーバー管理ツール」はこちら

■Active Directoryユーザーとコンピューター
 ドメインサービス管理ツールの一部で、ドメインに登録のユーザIDとPCを管理します。
 Windows8.1 RSATではWindows Server 2003 AdminPackとは異なり、最初の起動時RPCサーバーエラーが表示されます。
 エラーを無視して管理対象サーバーを指定することでユーザやコンピュータのリストが表示され管理が可能になります。
rpc
■対象サーバー指定例
 Active Directoryユーザーとコンピューターの例です。
 [Active Directoryユーザーとコンピューター/右クリック][ドメインコントローラの変更]でコントローラを指定します。
active directory
■結果
 Windows8.1 RSATでWindows 2003 Serverのリモート管理が可能になりました。
 起動直後のエラーは管理対象サーバーを指定することで解消しました。
 Win7 RSATではインストール後の[Windowsの機能の有効化または無効化]が必要です。

  blog      MovableType