Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 業務で利用のノートPCがHDD IOエラーです。
 バックアップはもちろん仕様など確認して手持ちのSSDに交換します。

■特徴
 15.4"ワイド液晶搭載ノートPC
 Intel Celeron/Core2 Duo CPU搭載、512-4GBメモリー、80-250GBHDDと広い選択肢
 OSはXP/Vistaから選択
 Vostro1510のカタログはこちら

■仕様
項目 仕様
備考
OS
Windows XP Pro SP1 (Downgrade)
Windows Vista Business SP1
CPU
Intel Celeron560 1MB L2 cache/ 2.0GHz

Chipset
Intel GM965 /965PM

Memory
1GBx2 DDR2 -SDRAM 667MHz
max 2GBx2
Graphic
256MB NVIDIA GeForce 8400GS
Intel X3100

LCD
15.4" WXGA 1280 x800

HDD
2.5" 160GB SATA

LAN (Wireless)
1395 802.11g WiFi Mini Card

LAN
10 /100 /1000 Ethernet x1

Slot
Express Card /8in1Card
USB2.0 x4
IEEE1394 x1

Audio MIC x1   Headphone x1

Size
357W x25.4 -38H x258D mm

Weight
2.59 Kg

■HDD交換
 SATA/3MbpsのPCには過剰のSATA/6GbpsのCSSD-S6T128NHG5Q/128GB/SSDに交換してみます。
 SSD対応のためデフラグ/Superfetch/indexingいずれもoffとします。
 * XPで必要なパーティションアライメント調整はVistaインストーラーなら不要です。
 読取/書込速度はSATA/3.0Mbpsの限界により飽和しますが効果は絶大です。
 CrystalDiskMark
[問題点]
 HDD交換においてXP/SP3再インストール後、なぜかCPU使用率100%で処理速度が異常低下します。
 現象:Windows Updateで0x8024D001 エラー
    Fixit+WindowsUpdateAgentインストールでエラー解消でもCPU使用率が100%になる
 原因:自動WindowsUpdate(wuauclt.exe)のバグ..wuauclt.exe強制停止で解消
 対応:XP(ダウングレード)からVistaに変更

■視覚効果の制限
 Vistaから採用となったAeroによる視覚効果に割かれるPCのリソースを効率向上に振り向けます。
 [コントロールパネル][システム][システムの詳細][詳細設定][パフォーマンス/設定]で設定画面を開きます。
 [視覚効果]で[パフォーマンスを優先する=on]とします。
 デザイン的に違和感があれば[カスタム=on]で個別に設定します。
Aero
■結果
 IOエラーのHDDをSSDに交換しシステムはVistaのクリーンインストールになりました。
 OSのXPからVista変更による効率低下回避のためAero機能を限定します。

  blog      MovableType