Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 デジタルAVの音声をプリメインアンプ経由スピーカーで再生します。
 今回は省エネの観点からソースとなるストレージデバイスの種類と接続を検討します。

■システム構成
 プリメインアンプとスピーカーは決まりです。
 プリメインアンプへの転送はデジタルなので音質はストレージに依存しません。
 したがってストレージデバイスは消費電力をメインに選択/検証することになります。
種別 モデル 仕様
プリメイン ONKYO TX-8050 Network Reciever /32W SPIDF /DLNA (LAN)
スピーカー KEF Q300 2Way Bass Reflex
ストレージ
PC /NAS /iPhone5

ONKYO TX-8050のページはこちら
KEF Q300のページはこちら

■ストレージ
 デジタルオーディオの保存デバイスとして個人的にPC/NAS/iPhoneを使えます。
 TX-8050プリメインアンプとのインターフェイスを考慮すると接続はLAN(DLNA)あるいはSPDIFとなります。
種別
モデル
接続
PC
自作 i321
LAN /SPDIF
NAS
QNAP TS -219PII
LAN
iPhone
iPhone5
Wi-Fi
configuration
■消費電力と転送
 消費電力は小さい順にiPhone、NAS、PCとなります。
 LANでの転送はDLNAを使用しTX-8050はクライアントとして、ストレージ側にはDLNAサーバーをインストールします。
 なおTX-8050の実測消費電力は32W程度です。
デバイス
DLNAサーバー
消費電力
i321 /PC
未定
58W
TS -219PII /NAS
TWONKY Media Server 16W
iPhone5
Sync: stream 4W
■動作検証
(1)Sync:stream
 iPhone5と組み合わせる無償のDLNAサーバー/iOSアプリです。
 このアプリを起動するとiPhone内の音楽ファイルが同じネットワーク内のDLNAクライアントに公開されます。
 DLNAクライアント側では自動検出されたサーバーを選択してオーディオファイルを再生します。
 Sync:streamのサイトはこちら

[問題点]
 現象:iPhone5のDLNA再生中に時々停止する。
 原因:自動的に再開するのでSync:streamの転送速度不足と思われます。
  対策:Sync:stream以外のDLNAサーバを探します。

(2)TWONKY Media Server
 QNAP TS-219PII NAS標準装備のDLNAサーバーです。
 公開先のクライアントを指定できるのでセキュリティ上より安心して使用できます。
  Sync:stream+iPhoneのように再生停止もありません。

■結果
 当面は安定動作のTS-219PII NAS(消費電力16W)からTX-8050経由でQ300をドライブします。
 PCは消費電力を考慮して自作したにもかかわらず58Wと最大につき対象外です。
 最もエコのiPhone5とSync:streamの組合せは再生が途切れるので対象外です。
 AirPlayを使えるならiPhone5がベストなのですがTX-8050は未サポートです ->Upgrade検討。

  blog      MovableType