Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 WinXP以降の起動ディスクではFDISKやCHKDSKコマンドをサポートしません。
 Win98の起動ディスクをUSBからブートできるようにします。

■手順
 起動用のフロッピーをUSBに変換の手順です。
ソフト
内容
URL
WinImage
起動Floppyのディスクイメージの作成(vfd)
 WinImageのページはこちら
FDtoISO
vfdイメージのISOイメージ変換
 FDtoISOのページはこちら
YUMI
ISOイメージからブートUSBを作成
 YUMIのページはこちら
■WinImage
 [DISK][READ DISK]で起動ディスクを読み込みます。
 [FILE][SAVE AS]読み込んだイメージをvfd形式でイメージファイルに変換します。
WinImage 
■FDtoISO
 FDのイメージをISOに変換します。
 [vfdイメージをドロップ][ISOイメージ作成画面へ]でISOイメージが出力されます。
FDtoISO
■YUMI
 PenDriveLinuxのマルチブートUSB作成ソフトウェアです。
 Step1で作成先のUSBをFAT32またはNTFSでフォーマットします。
 Step2で[Try Unlisted ISO]を選択します。
 Step3で書き込むISOファイルを指定します。
 [Create]でISOファイルがUSBにインストールされます。
YUMI
■結果
 幸いにもZ726自作PCはFDドライブ接続をサポートしていました。
 Win98の起動ディスクをUSBに変換することでFDISKやCHKDSKのコマンドが使用可能になりました。
 さすがにWin95の起動ディスクは読み取りエラーで変換できませんでした。
 FDドライブも十数年経過で動作がおぼつかない状況につきFDの代わりにUSBが使えるのはありがたいです。

  blog      MovableType