Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 iPhone5の追跡型広告識別子を無効にします。

■IDFA
 広告主のためのユーザー追跡技術Identification For Advertiserの略。
 IDFAはデフォルトで有効なのでWeb閲覧行動やダウンロード記録などが入手されます。
 個人が特定されることはないとのことですがIDFAを無効にします。
 以下はiphone5で表示された詳細情報です。
 追跡型広告
  iOS6ではAdvertisingIdentifier(広告識別子)が導入されています。
  これは、個人を特定しない一時的なデバイス識別子で、広告主による行動追跡をユーザがより詳細に制御できるようにする
  ためにAppで使用されます。
  追跡型広告を制限するように選択すると、AdvertisingIdentifier(広告識別子)を使用してユーザ に夕一ゲット広告を表 示
  することがAppに許可されなくなります。
  将来的には、すべてのAppが AdvertisingIdentifier(広告識別子)の使用を義務づけられることになります。ただし、 それ ま
  では夕一ゲット広告が表示されることがあります。
■IDFAの無効化
 [設定][一般][情報][アドバタイズ][Ad Trackingを制限=ON]で無効化します。
IDFA1
IDFA2
IDFA3
■関連情報
 「iOS6でユーザ追跡が復活?プライバシー懸念も」 ITmedia  2012/10/18

■結果
 広告主にデバイス識別によるとは言えWeb閲覧情報などを収集されたくはありません。
 IDFAを無効にしました。

  blog      MovableType