Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 fedora16のビデオプレイヤをTotemからVLC Playerに変更します。
 地デジ/ビデオカメラ/YouTube出力ファイルなどのビデオ再生が目的です。

■Totem
 Fedora16標準のビデオプレイヤです。
 デフォルトの状態で地デジ/ビデオカメラ/YouTubeいずれの出力ファイルも再生できませんでした。
 仮にコーデックなどのインストールをするとしたらWinで使い慣れたVLC Playerをインストールのほうがてっとり速そうです。
 totem

■VLC Media Player
 オープンソースのビデオプレイヤで、Win,Mac,Linux,UNIXなどの多くのOSに対応します。
 VLC Media Player自身で以下のように豊富なビデオコーディクをサポートします。
 video codec
 VLC Playerのサイトはこちら

■インストール
 Fedoraのダウンロードページの説明し従いインストールします。
 Fedora16の場合インストールするのは現時点でRawhide版になります。
 以下の(1)(2)(3)の手順でインストールします。
  *(3)の最初のrpmインストール時点で「エラー:依存性の欠如」などのメッセージが表示されますが今回は無視しました。
 Rawhide (The development version of Fedora)
 (1)Use RPM Fusion for Rawhide (available for x86, x86_64, ppc and ppc64)  
 (2)Install rpmfusion-free-release-rawhide.noarch.rpm for Rawhide
  (3)$> su -
     #> rpm -ivh http://download1.rpmfusion.org/free/fedora/rpmfusion-free-release-rawhide.noarch.rpm
     #> yum install vlc
 vlc Player
 Fedora16のVLC Playerダウンロード/インストールのページはこちら

■設定
 デフォルトでデインタレースがオフなので動きのある画像が1スキャンごとにずれます。
 これを回避するためにデインタレースを自動にし、そのモードを指定します。
 de-interlace
■結果
 無事にFedora16でVLC Playerのインストールを終了しました。
 地デジ(mpeg2-ts)/ビデオカメラ(avchd)/YouTube(flv,mp4)いずれも再生が可能になりました。

  blog      MovableType