Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 Thinkpad X220はFedoraとWin7のデュアルブートです。
 デフォルトでWin7が起動するように変更します。

■Grub2
 Grub2は/boot/grub2/grub.cfgファイルを見てブートシーケンスを制御します。
 今回Timeout時間を5から3秒へ、デフォルトOSをFedoraからWin7に変更します。

■変更手順
 /etc/default/grubを編集して/boot/grub2/grub.cfgに反映させます。
 [変更前:/etc/default/grub]
 GRUB_TIMEOUT=5
 GRUB_DISTRIBUTOR="Fedora"
 GRUB_DEFAULT=saved  
 GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.lvm.lv=vg_x220/lv_swap rd.md=0 rd.dm=0 quiet rd.lvm.lv=vg_x220/lv_root rhgb
 rd.luks=0  LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=jp106"

 [変更後:/etc/default/grub]
 GRUB_TIMEOUT=3
 GRUB_DISTRIBUTOR="Fedora"
 GRUB_DEFAULT=4  
 GRUB_CMDLINE_LINUX="rd.lvm.lv=vg_x220/lv_swap rd.md=0 rd.dm=0 quiet rd.lvm.lv=vg_x220/lv_root rhgb
 rd.luks=0  LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=jp106"

 [grub.cfgに反映]
 [root@x220 default]# grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg

 [変更後:grub.cfg]
 省略..
 set default="4"
 省略..
 set timeout=3
 省略..
■結果
 問題なくデュアルブート起動時のデフォルトのOSをWin7に、待ち時間を2秒短縮しました。
 Fedora16からgrub.cfgの変更方法が従来と異なるので注意が必要です。

  blog      MovableType