Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 Canon HF M41ビデオ出力であるAVCHDのカット編集についてメモします。
 テストしたのはTMPGEnc4Xpressなど4種類のソフトウェアです。

■HF M41
 Canonのプロ用カメラと同じ撮像素子HD CMOS Proを採用するビデオカメラです。
 映像H.264/MPEG4-AVC、音声ドルビーデジタルAC-3、コンテナはMPEG2-TSのAVCHDフォーマット採用です。
 HF M41添付のVideoBrowser映像管理/編集ソフトはWin7/64bit環境で起動直後フリーズして使えません。
 * Ver2.6(2012/12月リリース)より使用可能になりました。
 AVCHD映像カット編集のため替りのソフトを探します。
  buttomCanon HF M41のページはこちら

■ソフトウェア
 テストしたのはいずれもAVCHD入力が可能な以下のソフトウェアです。
 ・Pegasys TMPGEnc4 Xpress
 ・Pegasys Video Mastering Works5
 ・Cyberlink Power Director10
 ・Corel Video Studio X4
time
■入力画像
項目 映像 音声
HF M41 出力
AVCHD
 種類: H.264 AVC
 ビットレート: 23.15 Mbps
 解像度: 1920x1080
 フレームレート: 29.97fps
 アスペクト比: 16.9
 プロファイル: ハイプロファイル
 フレーム種類: インターレース
 種類: Dolby Digital
 サンプリングレート: 48kHz
 ビットレート: 256Kbps
 チャンネル: ステレオ
 アスペクト比: 16.9
 プロファイル: ハイプロファイル
 フレーム種類: インターレース
■編集
 AVCHDの映像をカット編集してAVCHDフォーマットで出力します。
 スマートレンダリング、Intel Quick Sync Videoの状況とiPhone変換(H.264)の結果も示します。
edit

■出力時間
 以下はAVCHDへの出力時間と再生時間の比です。
 スマートレンダリングをサポートのVideoStudioが最も高速でリアルタイム再生の1/3以下でした。
time
 テスト環境:
  OS: Win7/64bit
  CPU: i7-2600K 3.4GHz
  Mother: ASUS P8Z68-M Pro
  Memory: PC3-12800 /8GB
  VGA: Intel HD3000 (on board)

■結果
 レンダリングが最も長いですが当面手持ちのTMPGEnc4ExXpressでカット編集してH.264で出力します。 
 仮に新規購入ならTMPGEnc4Xpressを除いていずれもAVCHDのカット編集/AVCHD対応出力が可能です。
 TSの編集まで考慮するとVideoStudioはTSの音声変換に問題ありです。
  -> Version x5ではtsファイル入力時エラーになるケースがあります..2012/04/12
 フリーのTsSniperはカット編集可ですがPlayerによってはカット部分の映像がブランクになるだけのケースがあります。

  blog      MovableType