Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 Abee Smart430TケースのHDDによる振動音を解消します。
 方法は3.5"から2.5"HDDへの交換です。

■HDD構成
 3個の3.5"HDDのうち、Dドライブに2009年購入の2.5"HDDx2の余剰品を再利用します。
 * 3.5"から軽量の2.5"に変更することでケースの剛性不足による振動音を低減できると予測。
項目 2.5" RAID0 (交換後) 3.5" RAID0 (従来)
HDD /構成 HGST /7K 2.5" 320GB 7200rpm x2
RAID0 /640GB 
HGST /T7K500 3.5" 500GB 7200rpm x2
RAID0 /1,000GB
消費電力/重量
1.7W /115g x2
7W /640g x2
ケース
case
3.5" Case (2.5"x2 )

■交換作業
 Dドライブの不要データを削除後、Eドライブにバックアップします。
 Intel RSTで3.5"RAID0構成を解除します。
 2.5"へ交換後、RSTでRAID0を構成します。
 Windowsを起動して[ディスクの管理]で新しい2.5"RAIDをNTFSでフォーマットしてDドライブに指定します。
 バックアップしたデータをDドライブにリストアします。
 disk
■転送速度
 念のため交換前後の転送速度を測定します。
項目 2.5" RAID0 (交換後) 3.5" RAID0 (従来)
Crystal
Disk
Mark
HGST /7K 2.5" 320GB 7200rpm x2
RAID0 /640GB 
2.5
HGST /T7K 500 3.5" 500GB 7200rpm x2
RAID0 /1,000GB
3.5" performance
■結果
 3.5"HDD/2個を2.5"HDDに交換することで発熱/重量は1/4~1/5となり振動音の問題は解消しました。
 新しい(2009年)2.5"は、以外にも古い(2006年)3.5"と同等の転送速度でした。
 PC本体消費電力は58Wから54Wへ低減し約1.5kWh/月の節電です。
 取り付けに2.5"HDDx2を収容可能な3.5"HDDケースを使用したので3.5"ベイ1個がスペースとなります。
 余剰の3.5"HDD(500GB)x2はTV録画アーカイブ用に使います..タイ洪水によるHDD品不足と価格高騰への対応。
 結果的に良い事ずくめで交換完了です。

  blog      MovableType