Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 Brother DCP-J925NはCDダイレクトプリントをサポートします。
 製品付属のソフトではなくラベルプロデューサー3.5で印刷を行います。

■ラベルプロデューサー
 エイブリマクセル社のラベル印刷用ソフトウェアです。
 MP600で使用していたCDダイレクト印刷にDCP-J925Nを追加して使ってみます。
 CDダイレクト印刷は用紙を仮想的にユーザ定義することで可能になります。
 ラベルプロデューサー3.5のページはこちら

■レイアウト設定
 結果的にDCP-J925NのCDダイレクトの用紙レイアウトは以下になりました。
項目 CD Brother CD ワイド Brother
用紙 台紙: その他
横:117mm 縦:117 mm
<-
ラベル面
左上端位置
用紙左端より: 0mm
用紙上端より: 0mm
<-
ラベル 幅:117mm 高さ:117mm
内径:43mm
幅:117mm 高さ:117mm
内径:17mm
■用紙の追加登録
 上記二種類の用紙定義を[新規登録]します。
 label
■印刷指定
 [印刷][プリンタ設定][プリンタ名=BrotherDCP-J925N Printer][プロパティ]の[基本設定タグ]で以下を設定します。
 用紙種類: CD /DVD /BD レーベル
 用紙サイズ: 12CM ディスク
 property
■印刷開始
 上記設定で印刷を開始して本体背後のスペース確保確認メーセージにOKで応答します。
 caution
 本体側のパネルの指示に従いディスクガイドを開き、CDトレイをセットして印刷を開始します。
 終了したらCDトレイを取り出し収納場所に戻し、ディスクガイドを閉じます。

■互換性
 以前にラベルプロデューサーを使用してMP600(Canon)で印刷したCDラベルは用紙を変更するだけで再度印刷が可能です。
 設定例:[ファイル][用紙選択][CD_Brother]
 mp600
■関連ページ
 Canon製品「CDダイレクト印刷..MP600」のページはこちら

■結果
 DCP-J925N用仮想CD印刷用紙を定義してCDダイレクト印刷を可能にしました。
 ラベルプロデューサーでは、Canon MP600とDCP-J925NのCDダイレクト印刷が可能になりました。
 過去にラベルプロデューサーで作成したMP600用のCDラベルは用紙変更で再利用可能です。
 「らくちんのCDダイレクトプリントfor Canon」もラベルプロデューサーを思わせるGUIです。

  blog      MovableType