Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 Trim未サポートにつき使用中断中のSSD RAID0構成を復活させました。
 Windowsエクスペリエンスの向上が目的です。

■構成
 PC/SSDの構成と仕様は以下です。
 SSDをCドライブとし、OSとアプリをインストールします。
区分 仕様 備考
OS Win7 64bit
CPU Core2 Quad Q9450 3.0GHz OC
Mother Gigabyte GA-G33M -DSR2 ver1.0
Chipset Intel G33 /ICH9R RAID: Intel Matrix Storage Manager
SSD OCZ Vertex 30GB x2 RAID0
(Model: OCZSSD2 -1VTX30G)
OSインストール
Indilinx 製SSD コントローラ IDX110M00 -LC
HDD HDP7250 GLA360 500GB x2 RAID0 データ格納

  OCZ SSDのサイトはこちら(英文)

■Win7設定
 SSD性能維持のためWin7の設定を変更します。
区分 内容 備考
Firmware SSD Firmwareをver1.5から1.6に更新 Firmware Update Guideはこちら
RST Driver RAIDドライバをver9.6. 0.1014に更新 Driver Updateはこちら
Defrag C Drive: off Win7がSSDを自動検出するようです
Super fetch off Super fetch Serviceを停止する
Drive Indexing C Drive: off C:ドライブの検索用インデックスをoffにする
  Vertex Wikiページの概要はこちら

■一時ファイル移動
 SSD寿命維持のためアプリごとの一時ファイルをCからDドライブに移動します。
 以下は今回の対象アプリです。
App File 備考
Audacity audacity _temp 音声編集
Home Page
Builder
cache (一時ファイル) html作成
Firefox 全データ profile 移動
IE cache (履歴)  
Thunder bird 全データ profile 移動
Messenger My Received Files  
Power2Go Log DVD/CD 作成
Photoshop 仮想ディスク Photo 編集
TMPEGEnc 一時ファイル Vido 編集

■ベンチマーク
(1)Winエクスペイエンス
 プライマリディスクの値は、従来(HDD Raid0)5.9から7.6に向上です。
 
(2)CrystalDiskMark
 変更前のHDD Raid0とあわせた測定結果です。

  SSD Raid0

  HDD Raid0
■結果
 HDDのWinエクスペイエンスは5.9から7.6に向上です。
 CrystalDiskMark測定値はHDD比較比で3-5倍の向上です。
 SSD Raid0構成により体感的にも速くなったイメージです。
 SSDのFirmwareはver1.6にUpdate済みです。
 Raidドライバーはver9.6.0.1014にUpdate済です。
 SSD性能維持のためOS側の設定を変更してあります。
  Defrag:off  Superfetch:off  DiskIndexing:off
 SSD寿命維持で一時ファイルはC->Dドライブに移動済みです。
  -> pagefileはCドライブのままです。
 OCZ提供のGC.exeはCドライブをSSDとして識別しません。

*関連ページ
  Win7の新規インストール詳細はこちら

  blog      MovableType