Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 iPhone4の料金で大きな割合を占めるのがパケット料金です。
 極力パケット料金の発生しない使い方をメモします。

■標準プライスプラン
 iPhone4だとパケット料金/転送量の最低は1,029円/1.5MB、最大は4,410円/6MB以上です。
 最低料金にするには、例えば50kBのWebページならアクセスを30回以下にする必要があります。
 また上記条件でアクセスが120回を超えると料金は最大4,410円となります。
 
■通信料削減事項
 パケット通信より優先して使用されるWiFi接続をonにしておきます。
 WiFi接続なしでのネットワークアクセスは列車運行情報の確認など緊急的なアクセスのみにします。
 モバイルデータ通信のオン/オフを有効に活用します。
 以下にアプリやWebアクセスの使い分けの例を示します。
項目 通話/パケット通信 WiFi接続
通話/メール 通話 /SMS /MMS Email(i) /email /gmailなど
アプリ 右のアプリは極力使用しない
 -> WiFi接続で利用する
YouTube /株価 /天気 /iTune /Safari /AppStore
Googleモバイル/列車運行情報
路線検索など

■モバイルデータ通信のオフ
 WiFi接続が不調だと自動的にパケット通信に切り替わります。
 MMSを使用しないなら、以下のようにモバイルデータ通信をオフにすることができます。
  [設定] [一般] [ネットワーク] [モバイルデータ通信= off]

■確定前料金チェック
 パケット通信料が4,410円を超えたら削減の意味が無いのでMySftbankの料金案内でチェックします。
 以下は確定前料金表示のサンプルです。
 
 * MMS+PCダイレクトの合計が現在のパケットし放題定額料になると想定できます。

■料金実績
 iPhone4導入2ヶ月目の支払い料金実績(税別)です。
 WiFi接続+モバイル通信on/offで通信料PCダイレクトの最低料金980円以下が可能になりました。
 
 
■結果
 標準プライスプランにおけるパケット料金削減方法をメモしました。
 ネットワークへのアクセスを伴うアプリの使用やWebページへのアクセスはWiFi接続を利用します。
 外出時ネットワークアクセスが必要な場合はWiFiアクセスポイントを利用します。
 列車運行情報などの緊急なアクセスが必要なときのみパケット通信を利用します。
 パケットし放題の定額を超える場合は削減の意味がないのでたまに確定前料金チェックを行ないます..PCで可能

  blog      MovableType