Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 Linuxによるサーバ構築のメモです。
1 容量不足の解消
 ホームページが容量オーバーしてしまいました。
2 Linux復活
 政府のオープンソースへの取組みもあり3年ぶりに復活にむけて動かします。

■条件
1. 初期費用最小限
 今回は追加費用なしで接続できる環境を利用します。
2. 節電と低騒音化
 節電と騒音なしが条件です。たまたま使用していないノートPCを使います。

■構成
 ネットワークおよび機器構成です。
 (ネットワーク内はプライベートIPアドレスです)
モデル/メーカー 仕様 備考
SS3440
/東芝
Pentium Ⅲ 500MHz 128MBメモリ
i82440MX PCI Busmaster IDE Controller
i82440MX PCI to USB Controller
MK3017GAP 30GB /Ultra DMA100 HDD
Toshiba ToPIC100 CardBus Controller
Trident Cyber 9525DVD PCI /AGP 2.5MB
i82557 /i82558 10/100 Ethernet
YAMAHA AC-XG Audio
TOSHIBA FirePort Type D0
RedHat Linux 8.0
・Apache 2.0.40
・Samba 2.2.5
・Postfix 1.1.11
・Cups 1.1.15
自作デスクトップ2/3 Pentium4 /1.8GHz /512MB WinXP
ADSLモデム-MNV
/NTT東日本
ADSLモデム
ルータ内蔵

FSW-5PL
/Corega
10/100Base-T
/5ポート

■手順
 手順は以下のとおりです。
1.Linuxのインストール
 LinuxをノートPCにインストールします。
 今回はCD-ROMからのインストールができないためネットワークからのインストールとなります。
 Apache(Webサーバ)はOSと同時にインストールします。
 Redhat8.0 のインストール詳細はこちら

2.Webサーバの構築
    Apache2.0でWebサーバを構築します。

3.WEBコンテンツのアップロード
 WinXP側にあるWEBコンテンツをFTPでサーバにアップロードできるようにします。
 WinXP側のFTPクライアントはNextFTPです。

4.ダイナミックDNS環境の構築
 以下の方法でインタネットからサーバにアクセス可能にします。
・    ダイナミックDNS
 ぷららの「フレッツADSLプラス」のダイナミックDNSサービスを使って動的なIPアドレス環境でインターネットからアクセスできるようにします。
・    静的IPマスカレード
 プライベートIPアドレスでインタネットに接続できるようにルータを設定します。
 ●詳細はルータのマニュアルを参照

5.接続確認
    インタネットからサーバにアクセスできることを確認します。
注意点としては、サーバと同じLAN内のPCからインタネット経由でのアクセスは不可なので、1つの方法としてダイヤルアップ接続を経由してアクセスの確 認を 行います。

■結果
 暫定的に試験公開しました。
 なお前提とした条件の結果は以下のとおりです。
1.    初期費用最小限
 今回はハード、ソフト、接続費用ともに追加費用はありません。
    PC:リサイクルB5ノートPC
 ルータ:フレッツADSLモデムに内蔵
 ソフト:RedhatLinux8.0...無償CD
 接続:ぷららダイナミックDNS...ADSL接続サービスに付属

2.    節電と低騒音化
 今回はノートPCを使い電気代200円/月ほどです。騒音もありません
 ちなみに液晶デスクトップPCなら目安1000円/月で冷蔵庫と同レベルです。
    【参考】
(財)省エネルギーセンタの2003年3月時点のパソコンの平均消費電力量によればA4ノートPCのオフィスでの年 間電気代は576 円です。これは液晶タワー型ディスクトップの約1/4で、24時間フル使用でも年間2500円程度と思われます。
 今回、マスターデータはサーバの外に置くことでバックアップの問題に対応しています。
 システムバックアップはDriveImageを使ったバックアップを試行 予定です。

  blog      MovableType