Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 SSDのパフォーマンス低下回避のためのTRIM処理を自動実行させます。
 使用しているSSDはOCZ Vertex30Gです。

■OCZ Vertex
 Indilinx製コントローラを使用したMLCタイプSSDです。
 低価格ながらオンボード64MBキャッシュを装備。
 読込230MB/S、書込135MB/Sの高速性能です。
 使用しているのはVertex30G/FW1.3/AHCIモードです。
 FW1.5でTRIMの自動実行はサポートします。
 代わりにタスクスケジューラでwiper.exeを自動起動します。
  OCZ Vertexのサイトはこちら

■wiper.exe
 Vertex SSD性能低下防止のためTRIMを発行します。
 対応OS:WinXP/Vista/7
 モード:IDE/AHCI
     * RAIDはサポートしていません。
 
  wiperの適用例はこちら
 
■Wiper自動実行設定
(1)Wiperのダウンロード
 実行時にオペレータの介入を要求しないpatched_wiperをダウンロード/解凍します。
(2)インストール
 インストール先にpatched_wiperをコピーします。
(3)スケジュール..WinXPの例
 [コントロールパネル ][タスク][スケジュールされたタスクの追加]でタスクウィザード画面を開きます。
 [実行するプログラム=C:\win32app\ocz\patched_wiper.exe]
 [タスクの名前=wiper][タスクの実行=週単位]
 [タスクを開始する時間=xx][曜日=金曜日]
 [ユーザ名=xxx][パスワード=xxx] ..ログイン情報を指定する
 これで指定した時間と間隔でwiperが自動実行されます。
  patched_wiperのダウンロードはこちら
  Wiperスケジュールのページはこちら(英文)

■設定確認
 [コントロールパネル ][タスク][Wiper選択&右クリック][タスクの実行]でWiper実行/終了を確認します。
 
 
■結果
 Vertex30GのWiperの自動実行が可能になりました。
 システムHDD/30GBで実行間隔は1週間です。
 処理時間は約3-5分程度です。
 FW1.5でAHCIがサポートされたらFirmwareをUpdate予定です。

  blog      MovableType