Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 WinXPをRC版がリリースされたWin7のGUIに変更します。
 使用するのはSeven Transformation Pack 1.0です。

■Seven Transformation Pack 1.0
 フリーのソフトウェアで最新verは2.0..2009/07更新
 以下のスクリーン/アイコン/ツールバーなどをWin7のGUIに変えてしまいます。
 
· Boot screen
 · Welcome Screen / Logon Screen
 · New msstyles files (visual styles)
 · New desktop and file icons
 · New toolbar icons3203
 · Progress Dialogs
 · Sounds scheme
 · System Tray icons
 · New Wallpapers
 
  SevenTransformationPackのサイトはこちら
  SevenTransformationPackのダウンロードはこちら

■システムバックアップ
 システムファイルや設定を変更するのでHDMなどでシステムパーティションを必ずバックアップします。

■インストール
 ダウンロードしたファイルを解凍して、インストールします。
 インストールは画面の指示に従います。
 以下は主な指定事項です。
 
Screen Resolution:wide Screen(16:9)
 DPI Setting:Normal Size(92DPI)
 Setup Type:Express Mode
 3rd-Party Application Agreement:
  I accept installing 3rd-party aplication knowing it may cause some performance issues=on
 

■Welcome Center
 インストール後の再起動で「Welcome Center」画面を表示します。
 Configure User Accountで適用事項を指定します。
 画面は今回の設定例です。
 
■画面設定例
 [デスクトッププロパティ][デザイン][ウィンドウとボタン=WindowsSeven][フォントサイズ=Tahoma]
 [デスクトッププロパティ][ディスクトップ=seven]
■画面サンプル
 [エクスプローラ]
 
■注意事項
(1)メニュの文字化け
 現象:特定のアプリケーションでドロップダウンメニューの日本語文字化けをおこす。
 
 原因:フォント指定が日本語フォントでないと発生するケースがあるようです。
 対応:画面のフォントを日本語フォントに変更します..以下は設定例です。
     [画面のプロパティ][デザイン][フォントサイズ/詳細設定]で[デザインの詳細]画面を表示
     [指定する部分=メニュー][フォント=MSUIGothic(日本語フォント)]
 
(2)ウィールスセキュリティZERO
 現象:Welcome Centerを起動できないなど。
 原因:ウィールスセキュリティZEROが以下の7TPファイルをウィルススキャンして誤って隔離してしまいます。
     viwc.exe/pskill.exe/DrvIcon.exe
 対策:隔離したファイルを復帰させ、そのあと検査除外リストに登録する。
 
■結果
 PCパワーを要求するVista/Win7に代えて、XPをWin7画面デザインで使用するのが最適かも?
 Vistaデザインを踏襲したWin7のGUIは画面のすっきり感が向上です。
 Webブラウザや市販アプリソフトのウィンドウについてもイメージが一新されます。
 アプリケーションで文字化けなど見られましたが日本語フォント指定で解決しました。
 ウィルススキャンソフトが7TPファイルを誤まって隔離する問題は、検査除外リストへの登録で回避しました。
 不要な機能は指定しないのが性能/安定動作の上でbetterと思われます。

  blog      MovableType