Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 初版WinXPではSATA HDDやRAIDへのOSインストールで問題が出るケースがあります。
 WinXP CDからSP3適用のCDを作成し回避します。

■"SP+メーカー"
 Service Packは通常WindowsUpdateから適用だが、本ソフトならWindowsCDからSP適用後のCDを作成可能。
 作者:古川明人氏
 *本ソフトは2004年窓の杜大賞のFirefox, AdobeReaderについで「銀賞」受賞のフリーソフト。
  "SP+メーカー"のサイトはこちら

■インストール
 窓の杜あるいはAK-Officeのサイトからダウンロードしてインストールします。
  "SP+メーカー"のダウンロード先はこちら

■準備
1)ディレクトリの作成
 CD作成時に "SP+メーカー"の使用するデイレクトリを作成します。
 例:ワーク用:D:\mydoc\temp\workmkiso\
   SP3ファイル&ISOファイル出力用:D:\mydoc\temp\update
 
2)SP3ダウンロード
 MicrosoftダウンロードサイトからWinXP SP3を1)項で作成したディレクトリにダウンロードします。
  WinXP/SP3のダウンロード先はこちら

3)WinXP CDのマウント
 CDをCD/DVDドライブに挿入します。

■ISOイメージ作成
 "SP+メーカー"を起動して上記で準備した情報をWinXPタグの画面で設定します。
 [作成]により、マウントしたCDとダウンロードしたSP3からSP3適用済みCDのISOイメージファイルが作成されます。
 
■CD作成
 B's Recorder GoldやPOWER2GoでISOイメージをCDに書込むとSP3適用済みWinXP CDが完成です。

■結果
 WinXP/SP3適用済みCDが簡単に作成可能です。
 特に今回、初期版WinXPインストーラ使用時の不具合(SATAディスク認識不能)を費用をかけずに解決です。
 ..追加ライセンスは不要ながらSP3を適用のためOS新規購入が必要になるケースを回避。

  blog      MovableType