Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 ThunderbirdのメールデータをCドライブから移動するにはProfilesディレクトリを移動します。
 移動方法をメモしました

■Thunderbird
 使用中のメールクライアントはオープンソースのThunderbirdです。
 メールデータ保護のためメールの保存先をDドライブ内に指定していますが、アドレス帳はエクスポートしかできません。
 メールを含めてアドレスデータ、カスタマイズされた設定などを移動するにはProfilesディレクトリを移動します。

■Profilesディレクトリの移動..新規インストール
 Thunderbirdの新規インストール直後の場合は新しいProfleを作成して、作成先をDドライブ側に指定します。
 詳細は以下を参照ください。
  Thunderbird Help「プロファイルの管理」

■使用中Profilesの移動
 *Thunderbirdを起動しているときは閉じます。

(1)以下のデフォルトのProfileを移動先にコピ-します。
 %AppData%\Thunderbird\Profiles\xxxx.defoult\
 * %AppDataは以下になります。
  WinXP C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\
  Win7/Vista C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\
 [移動元]
 
 *移動元が表示されない場合は[スタート][ファイル名を指定して実行][%AppData%]から表示できます。
 [移動先]
 
(2)profiles.iniの編集
 移動先Profilesディレクトリを有効にするために以下のディレクトリにあるprofiles.iniファイルを編集します。
 %AppData%\Thunderbird\Profiles\
 [General]
 StartWithLastProfile=1
 [Profile0]
 Name=default
 IsRelative=0                     1 -> 0
 Path=D:\mail\thunderbird\Profiles\xxxx.default    移動先Profileを絶対パスで指定
 Default=1
 Thunderbirdを起動すると移動先のProfilesが有効になります。

■結果
 ThunderbirdはProfilesを移動することで全てのデータや設定値を移動できます。
 今回はすでに使用中ProfilesのCドライブからDドライブへの移動を完了しました。

  blog      MovableType