Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 WindowsXP同等のDesktop環境をFedora7で構築中です。
 第13回目はCanonMP600複合機をWinPCを介してリモート接続し共有します。

■環境条件
 PC:ThinkPad X60
 Linux:Fedora7
 Printer:Canon MP600 インクジェット複合機(USB接続)
 接続:WinXPのPCを介してリモート接続

■準備
(1)Linux用Driverのダウンロード
 fc6用に提供されているPrinter DriverをCanonのサイトよりダウンロードします。
 cnijfilter-common-2.70-1.i386.rpm
 cnijfilter-mp600-2.70-1.i386.rpm
  MP600用のLinux用Printer Driverサイトはこちら

(2)libxmlのインストール
 libxmlが未インストールの旨を表示するのでパッケージマネージャで事前にインストールします。
 

■Driverのインストール
 ダウンロードした2つのRPMパッケージをインストールします
 インストールが終わったらcupsを再起動しておきます。
 # rpm -ivh cnijfilter-common-2.70-1.i386.rpm
 # rpm -ivh cnijfilter-mp600-2.70-1.i386.rpm
 # service cups restart
■プリンタ設定
(1)準備事項
 今回はWinPCを介してMP600をリモート接続するので、WinPC側で共有設定を終了させておきます。
 共有結果を見てWorkgroup/Server名/printer名を記録します。
 
■プリンタの設定
 [システム][管理][印刷]を開いて[新規]で新規プリンタを追加します。
 プリンタ名を入力した後、接続の選択=Windows Printer via SAMBA でWinPC側の情報を入力します。
 
 以下のPPDを指定します。
 /usr/share/cups/model/canonmp600.ppd
 
 これでローカルプリンタにMP600が追加されます。
 プリンタが電源onでテストプリントに成功すれば設定完了です。
 
■印刷
 アプリケーション側で[ファイル][印刷]を開いて印刷します。
 
■結果
 fc6に提供されているドライバを使い、Fedora7でMP600のリモート接続での利用を可能にしました。
 用紙トレイやサイズの設定をみるかぎりリCDダイレクト印刷はサポートされていないように見えます。
 MP600をUSBで直接接続する設定についてはDriverダウンロードに付属の説明書を参照ください。
 直接接続の場合Printer、スキャナともにFC6用にドライバが提供されています。

  blog      MovableType