Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 Desktop環境をFedora7で構築中ですが、頻繁に使用の「ソフトウェアの追加削除」が不調です。
 今回はその回復のメモです。

■「ソフトウェアの追加削除」
 リンク先が/usr/bin/pirutになっており、GUIを使用しパッケージの追加、削除が可能な最新最強のツールです。
 pirutを使用すればアプリケーションが不調に陥ったときなど削除/再インストールが簡単に行えます。
 今回はpirut自身が不調のため、rpmコマンドでpirutの再インストールを行います。
 
■問題と対応
 現象:起動に長時間を要します。
 詳細を表示するためpirutをコンソールより起動します。
 # /usr/bin/pirut
 結果:ファイルがダメージを受けているあるいはemptyのエラーを表示します。
 対応:強制的に再インストールします。

■Pirutのダウンロード
 Fedora7のMirrorサイトからダウンロードします
  ftp://ftp.riken.jp/Linux/fedora/updates/7/i386/pirut-1.3.9-1.fc7.noarch.rpm

■pirutの再インストール
 rpmコマンドで、バージョンに関係なくファイル/パッケージとも強制再インストールします。
 # rpm -ivh --force pirut-1.3.9-1.fc7.noarch.rpm
■結果
 pirutの再インストールにより起動不調から回復しました。
 ほかのAPPにとっては救世主でも自分自身の救世主にはなれません。
 pirutやyumの不調のリカバリには必然的にrpmコマンドに戻ることになります。

  blog      MovableType