Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
名前からして難しそうなActive Directoryを理解するのに書籍「ひと目でわかるMicrosoft Active Drectory」を購入して、見ています。その概要の報告です。
Active DirectoryのWebサイトはこちらです。

■Active Directory
Windowsネットワーク上のユーザや共有ファイル、プリンタなどを管理するためのディレクトリサービスです。フォレスト、ドメイン、組織単位、サイト、アカウント、グループなどのオブジェクトをベースに、たとえばクライアントからのユーザ認証などの要求を一元管理することで、管理の複雑さを排除します。

■「ひと目でわかるMicrosoft Active Drectory」
 Yokota Lab, Inc. 著
 B5変型判/256p
 ISBN 4-89100-469-X
 日経BPソフトプレス発行
 定価 2,625円(税込み)

■内容メモ
内容を理解するためにメモした一部です。

ディレクトリサービスとは?
 ディレクトリの情報を見つけやすくするサービス
 ファイル、ユーザ、PC、プリンタなどのネットワークリソースが対象
ネットワークとしてのディレクトリの概念
 ディレクトリ:
  ネットワークオブジェクトの情報を格納する入れ物
 ネットワークオブジェクト:
  ユーザアカウント、PC、サーバ、共有フォルダ、プリンタなど
 ディレクトリサービス: 
  WindowsだとActiveDirectoryがあり、ユーザ、PC、ネットワークリソースの検索や管理機能がある。
Active Directory
 ネットワーク上のリソースの管理と提供を行う。Windows2000からMicrosoftが提供。
 ユーザ側のメリット
  カラープリンタはどれが使える?  公開・検索で目的のプリンタを容易に探し出せる。
 管理者側のメリット
  ワークグループ環境だとサーバごとにユーザアカウントの登録変更が必要
  ActiveDirectoryでは共通のユーザアカウントの管理が可能
 ActiveDirectoryオブジェクト
  ネットワークリソースをオブジェクトとして扱い一元管理します。
  オブジェクトはActive Directory内のPCから利用可能
  組織単位(OU):部門ユーザごとのオブジェクトをまとめて管理できる
  サイトオブジェクト:サイトごとにまとめたオブジェクト
  ポリシーオブジェクト:PCの動作を制御するオブジェクト

■結果
 アクセス制御、ネットワーク共有、ポリシーなどの概要を理解しているレベルなら2日ほどで全容を理解できます。
 取っ付きにくいイメージのActive Directoryも判り易く説明され、初心者でも手順に従ってインストール、設定作業ができます。

  blog      MovableType