Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的

Windows 11の22H2へのアップデート後にBlue Screenでシステムダウン(BSOD)が発生します。
OSのクリーンインストールやドライバー&アプリの再インストールにより対応です。

■Windows 11 22H2

22H2は1年に一度のWindows 11 2022の大型アップデートのバージョン表示です。
前のバージョンからスタートメニューなどのUI変更、Androidサブシステムなどが特徴です。
ドライバなどに対するセキュリティ向上で逆にアップデート後のBSODが目立つ感じです。
PC Watch「ついに出た!Windows 11「22H2」の変更点まとめ」2022/09/22
22h2 screen

■Blue Screen

21H2からWindows Update経由で22H2へアップデートして、たまにBlue Screen表示でシステムがダウンします。
system service exception

■要因と対応

system_service_exceptionは障害のあるデバイスドライバーやアプリなどが要因で発生します。
今回はIntel  とAMD CPU両方と関連のデバイスのドライバーが存在し、Windows 10から引継がれたラベルプリンタなどのWindows非互換ドライバーも存在します。
さらにサポート終了のドライバもあり個別対応でなく、22H2のクリーンインストールと信頼できるアプリやドライバの再インストールで対応です。

■クリーンインストール

22H2のインストールメディアからクリーンインストールを実行します。
Microsoft「Windows 11 をダウンロードする」はこちら
  1. Windows 11 ダウンロードページから22H2のインストールメディアを作成します。
  2. PCのbootメニュからOSのインストーラを起動します。
  3. 具体的なOS名などを指定したらインストールの種類で[カスタム]を選択します。
  4. 画面の指示に従って、Windows 11のインストールを完成させます。
  5. 再起動でWindows 11の初期設定を実行します。
  6. 信頼できるドライバやアプリをインストールし、データをリカバリして終了です。
win11 install

■結果


  blog    MovableType