Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的

無償版VMwareのWin11 preview仮想マシンのUpdateができません。
最近TPMの制限が強化されたようなので対応します。

■現象

無償版VMware Workstaion Player 16のWin11 Preview版仮想マシンをアップできません。
(!)このPCは現在、Windows 11システム要件を満たしていません。
  TPM2.0がこのPCでサポートされ有効になっている必要があります。
VMware Win11 preview

■対応1

仮想マシンにTPMを追加します。
現時点VMware無償版では追加のためのUIをサポートしないのでPro trial版で代行です。
TPM追加時に要求される暗号化とあわせて、Secure Bootを同時に追加設定します。
  1. 無償版に替えてVMware Workstation Proのtrial版をインストールします。
    ..元の無償版はアンインストールされます。

  2. Proのホーム画面で[仮想マシンを開く]で元のWin11仮想マシンを開きます。
  3. [仮想マシンの設定][オプション /アクセスコントロール]からSecure Bootのパスワードを設定して暗号化します。
  4. [詳細 /ファームウェアタイプ][UEFI=on]します。
    [セキュアブートを有効にする=on][OK]でSecure Bootを有効にします。
  5. [ハードウェア][追加]でリストから[Trusted Platform Module]を選択し追加します。
    ..以上で仮想マシンの変更は完了です。

  6. Pro Trial版をアンインストールし、無償版 Playerを再インストールします。
  7. 無償版で[仮想マシンを開く]で更新されたWin11仮想マシンを開きます。
  8. 「PCの正常性アプリ」でWindows 11の要件を満たしていることを確認します。
    PC 正常性チェック アプリのダウンロードはこちらから
guest machine

■対応2 (Ver16.2.0)..非公式

WMware Playerのver 16.2.0で、vmxファイルを編集してTPMに非公式対応です。
これにより起動時のパスワードの指定も不要になります。

■関連情報

Qiita 「VMware Workstation 16 Pro / Player で Windows 11 受け入れ準備をするには」
Neowin 「Windows 11 compliant TPM support added to the free version of VMware Workstation 16.2.0」2021 /10/16

■結果


  blog      MovableType