Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的

OBS Studio はライブ配信と録画のオープンソースアプリです。
今回はPC画面の録画に使います。

■OBS Studio

OBS Projectコミュニティが2012年からリリースのWindows、MacOS、Linux対応のレコーディングとライブストリーミングのオープンソースソフトウェア で、無償で利用できます。
OBS Studioのページからダウンロードしたファイル実行からインストール開始です。
Visual C++など追加のインストールの要求があれば指示に従います。
最初の起動で自動構成ウィザード画面が表示されるのでアプリの使用目的を指定します。
今回は[録画のために最適化し配信はしない]を選択しますが後で変更が可能です。
OBS Studioの日本語サイトはこちら
obs

■初期設定

今回の画面録画のための初期設定のサンプルです。
出力先のディレクトリや録画フォーマット、解像度などを指定します。
録画開始/終了のホットキーはOBS自身を録画から排除するためです。
項目 設定内容
[設定][出力/録画] 録画ファイルのパス= D:\Video\Capture
録画フォーマット= mp4
[設定][映像]
基本解像度= 3840 x2160 ..Display出力に同じ
出力解像度= 1920 x1080
FPS共通値= 30
[設定][ホットキー]
録画開始= Ctl + S
録画終了= Ctl + Q

■ソース

全画面キャプチャの録画ソースを指定のサンプルです。
ウィンドウキャプチャなど他のソースも同様です。
  1. メイン画面で[ソース/+]で表示される一覧から[画面キャプチャ]を選択します。
  2. [ソースを作成/選択]ポップアップが表示されるので[OK]です。
  3. [画面キャプチャのプロパティ]画面が開くのでそのまま[OK]します。
OBS source

■キャプチャ

画面キャプチャの手順サンプルです。
  1. ソースの画面キャプチャをクリックして有効にします。
  2. OBSを含むキャプチャ画面が確認出来たらOBSを最小化します。
  3. 先に定義したホットキーで録画開始します。
  4. 録画終了ホットキーで終了です。

■結果


  blog      MovableType