Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的

Windows 10ホストでVMware仮想マシンをインストールします。
また仮想マシンにすることでOSインストール時のスクリーンショットを取得します。

■VMware Workstation Player 16

米国VMWare社(Dell傘下)の仮想化アプリで、非営利目的なら無償で利用可能です。
ゲストOSとしてWindows /Linux /Solarisなどに対応します。
以下はインストールの手順です。
buttomVMware Workstation Playerのページはこちら
buttomVMware Workstation Playerの製品ダウンロードページはこちら
  1. ダウンロードページからWindows 64bit用をダウンロードします。
  2. ダウンロードファイルを開いてインストール開始です。
  3. インストーラ画面の指示に従います。
  4. インストールを完了ならアプリ起動で[非営利目的で..使用する]を選択してメイン画面を開きます。
main screen

■BIOSの設定

IntelチップセットならIntel VT-xをBIOSから有効にします。
今回はASUS H370マザーボードでの変更です。
  1. BIOS画面を開き[Advanced][CPU Configuration][Intel Virtualizing Technology =enabled]。
  2. BIOSの変更内容を保存し再起動で完了です。

■仮想マシン作成

VMwareを起動して仮想マシンを作成します。
以下はWindows 10仮想マシンの作成手順サンプルです。
  1. メイン画面で[新規仮想マシンの作成]をクリックします。
  2. 作成ウィザードがスタートするので[インストール元=インストーラディスクイメージファイル]にして[Win 10のISOファイル保存先パス]を指定します。
  3. さらに[仮想マシンの名前=win10]と[場所=D:\VMware\win10]を指定します。
    wizerd01
  4. ディスク容量の指定画面で[ディスク最大サイズ]と[仮想ディスク分割の有無]を指定します。
  5. 設定一覧表が表示されます。
    wizard02必 要なら[ハードウェアをカスタマイズ]します。
    wizard03
  6. [完了]でメイン画面にWindows 10の仮想マシンが登録されます。
    wizard04
  7. 最初の[仮想マシンの再生]でWin10のインストールが開始されます。
    必要なら[Print Screen]でクリップボードからスクリーンショットを保存できます。
  8. インストールを終了すると次回再生から普通にWin10が起動となります。
    VMware

■VMWare Tools

仮想マシンをインストールしたらVMware Toolsをインストールし、ディスプレイ解像度など仮想マシンを最新機能に更新します。
  1. VMwareの画面からインストールした仮想マシンを再生します。
  2. メニュー バーで、[Player] [管理] [VMware Tools のインストール] で仮想ディスクがマウントされるので自動実行、あるいはD:\setup64.exeを実行します。
  3. VMware Toolsインストーラが起動するので画面の指示に従います。
  4. インストールを終了して仮想マシンを再起動で完了です。
VMware tools

■結果


  blog      MovableType