Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
Thunderbirdでwinmail.dat名の添付ファイルを受信するケースがあります。
原因と対策及びこの添付ファイルの取扱いを明確にします。

■問題点と対策
[現象]
Thunderbirdで受信したメールの中にwinmail.dat名の添付ファイルが存在する。
configuration
[原因]
Support Mozillaサイトによると、
正しく設定されていない Microsoft Outlookメールクライアントからメールが送信されると、winmail.dat というファイルがメッセージに添付ファイルとして追加されます。このファイルには、Microsoft 独自の TNEF 標準を使用するメッセージの、本文の書式情報が含まれ、元のメッセージの他の添付ファイルと共に送信されます。
Support Mozilla「添付ファイルの winmail.dat とは何か?」はこちら
[対策]
Outlook側でTNEFを無効にします。
[ファイル][オプション][メール]
[このメッセージ形式で作成する/テキスト形式またはHTML 形式][OK]
■添付ファイルの展開
winmail.datには本文の書式情報や添付ファイルが含まれます。
winmail.dat添付メールをGmailに転送することで添付ファイルを展開できます。
ファイル名の文字化けがあればyahoo!メールでも展開可能です。
ITmedia「メールに添付された「winmail.dat」を特定のソフトなしに開 く方法」はこちら

■結果
winmail.dat添付の要因はOutlookからMicrosoft独自TNEF形式のメール送信によるものです。
TNEFに替えてテキストあるいはHTML形式で送信の設定で問題を回避できます。
なおwinmail.dat添付ファイルはGmailあるいはYahoo!メールに転送することで展開できます。

  blog      MovableType