Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
フルサイズEOS RP用のRFレンズは手軽に扱うには重く大きいです。
普段の使用ではEOS kissなどのAPS-C用レンズを1.6倍クロップで使用します。

■EOS RP
キャノンのフルサイズ/ミラーレスEOS Rのエントリーモデルに当たります。
ボディは「軽くて小さく安く」ながらRF24-105mmレンズ合計では1.2kgに近くなります。
Canon 「EOS RP」のサイトはこちら
eos rp
センサー
フルサイズ/2620万画素
サイズ
/重量
132.5 x85 x70 mm
/485g
標準ズーム
/システム重量
RF24-105mm F4L IS USM (700g φ83.5 ×107.3 mm )
/1,185g
■APS-Cレンズ
フルサイズより一回り小さいAPS-Cセンサー用のEF-SレンズをRPで使用できます。
ただしセンサ周辺部はレンズの影となるので最大解像度4Kの制限があります。
Webページ等で4K超の画像はほぼ皆無なので、軽くて安いAPS-Cレンズは好都合です。
またRPのセンサの単位画素面積はKiss x7の約1.8倍で高画質への期待は変わりません。
今回はマウントアダプタを介してEOS kiss用のAPS-Cレンズをメインに使用します。
ef-s
区分
モデル
サイズ /価格 /重量 /総重量
マウントアダプタ
コントロールリング
マウントアダプタ EF-EOS R
Φ71.2 x24mm @23.7kyen 110g
標準ズーム
EF-S 18-55mm F4-5.6 IS STM φ66.5 ×61.8mm @13.4kyen 215g /810g
望遠ズーム
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS STM
φ70.0 ×111.2mm @17.4kyen 375g /970g
高倍率ズーム SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
φ70.7 ×86mm @37.4kyen 430g /1025g
コントロールリングマウントアダプタ EF-EOS Rのページはこちら
EF-S 18-55mm F4-5.6 IS STMのページはこちら
EF-S 55-250mm F4-5.6 IS STMのページはこちら
SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMのページはこちら
SIGMA 【更新情報】キヤノン「EOS R」と弊社製キヤノン用交換レンズの動作状況について
TAMRON タムロンレンズのキヤノンEOS Rへの対応に関するお知らせ [更新情報]

■1.6倍クロップ
フルサイズより小さいAPS-C用のレンズだとセンサー周辺部がレンズの影になります。
したがってRPでは周辺部を避けて中心部のみを出力する1.6倍クロップ出力を利用します。
キャノンEF-Sレンズでは自動的に1.6倍クロップがONになります。
SIGMA DCレンズではカメラ本体で1.6倍クロップをマニュアルでONに設定します。
SIGMA DCの動画では現時点クロップではなくフルサイズ映像になるので要注意です。
1.6倍クロップでの制限事項は以下の通りです。

制限 /設定値
備考
解像度
L  :3888x2592
S2:2400x1600
フルサイズ解像度 :6240 x4160
静止画クロップ
/アスペクト
1.6倍クロップ
/デフォルト3:2

ef-s image
■結果
まずは軽くて安いEF-Sレンズとの組合せでEOS RPを手軽に利用します。
・コントロールリングマウントアダプタ:EF-EOS R @23.7kyen
・標準ズーム:EF-S 18-55mm F4-5.6 IS STM システム:810g @13.4kyen (-375g)
・望遠ズーム:EF-S 55-250mm F4-5.6 IS STM システム:970g @17.4kyen (-215g)
・高倍率ズーム:SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC Macro OS HSM システム:1025g @27.4kyen (-160g)
RPとAPS-Cレンズの組合せでは1.6倍クロップにより解像度が最大4Kに制限されます。
SIGMAレンズはRP側でクロップ指定しますが、動画ではクロップなしの映像となります。

  blog      MovableType