Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
z767m自作PCのフリーズや起動不能の対応でケースを交換です。
使用するのはスウェーデン発Fractal DesignのmicroATXミニタワーです。
■Fractal Design
使用するモデルはMeshify C Mini Dark TGです。
冷却重視で高エアフローと角形メッシュのデザイン/強化ガラスパネルが特徴です。
Fractal Design Meshify C Mini TGのページはこちら
・吸気量を最大化する角形メッシュフロントパネル
・ブラック・オン・ブラックの洗練された仕上げと新しい独特のスタイリングを採用
・最大5台のドライブを格納可能な柔軟性の高いストレージ空間
・制振用ゴム製グロメットのドライブトレイは、振動抑制と静音性、信頼性を確保
・2つの静音Fractal Design/Dynamic X2 GP-12 120mmファンを標準装備
・フロント、トップ、ボトムそれぞれにフィルターを装備
・背面35mmの空間ですっきり配線
airflow
■チェックポイント
既存ケースよりの組替えにつき必須条件を確認します。
項目 最低条件 備考
drive bay
2.5" x1 3.5" x1

FAN数 12cm x2

PSUサイズ
奥行: 160cm
CPU Cooler
高さ: 151mm

■エアフロー
エアフローイメージです。
airflow
■冷却と静音化
4面メッシュパネル/冷却優先につきNOCTUA低回転ファンで静音化します。
電源に準ファンレス/80PLUS GOLDを使用し電源効率と低騒音化を図ります。
またエアフロー改善のため、これまで使用してこなかったフロントファンを追加します。 

■組込み
z767m自作PCにおける組込みサンプルです。
背面は15mm+フロントパネル側35mmの配線スペースが確保されています。
特に35mmのスペースはATX24ピン電源ケーブルなどの処理には有効です。
移行元のパーツをすべて組み替えます。
767m自作PC (Ver.2)のページはこちら
・MotherBoard (CPU /CPU Cooler /Memory /NVMe SSDを含む)
・電源
・拡張ボード (2x 950Pro /Soundboard/ TV Tuner)
・HDD /SSD
・ケースファン
specfications
■温度/ファン回転数
z767m自作PCにおけるHWMonitor による温度とファン回転数です。
室温は26℃で、Mainboard /TMPIN2 /5 /6はダミーセンサーと思われます。
3個のNOCTUA製ファンは常用450~550rpmと低速/静音です。
temprature
■仕様
Meshify C Mini - Dark TGの仕様です。
項目
仕様
備考
Form Factor micro-ATX itxを含む
Drive Bay 2x 3.5"/2.5" 共用
3x 2.5"

拡張スロット 5
ファン -Bottom 1x 12cmファン
-Rear 1x 12cmファン (1x 12cm内蔵)
-Front 3x 12cmまたは2x 140cm (1x 12cm内蔵)
-Upper 3x 12cmまたは2x 140cm

水冷システム対応
 (Bottomを除く)
対応CPUクーラー
高さ: 172 mm

対応グラフィック
長さ: 315 mm

配線スペース
15-35 mm

フロント I/O USB3.0 x2 / Audio IO
左側面パネル
強化ガラス

サイズ 217(W) × 399(H) × 395(D) mm
重量 6.28kg
付属品 ユーザーマニュアル
付属品ボックス
上部フィルター

■結果
4面メッシュ/冷却重視ケースながら低回転ファンの組合せで静音です。
電源に準ファンレス/80PLUS GOLDを使用し電源効率向上と低騒音化を図りました。
背面配線スペースも十分で、配線処理はこれまでのケースの中で最もシンプルでした。
左側面パネルは強化ガラスながら、がたつきなどはありません。

  blog      MovableType