Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
 地上デジタル放送が開始されて現在のアナログ放送は2011年7月24日に終了します。
 困ったことに現行の地上デジタルの録画は1回に制限です。

■地デジのメリットは
・高画質..アナログ信号における画質の劣化やゴーストがない
・ハイビジョン番組対応..全番組がハイビジョン化されるわけではない。
・中継延長などで複数番組を同時に放送可能
・データ放送、番組表表示や電子録画予約が可能

■現行アナログTVでの受信は?
 アンテナ:UHFアンテナ
 受信機:アナログ用TV+デジタルチューナ
 *現在UHF波でTVを受信中の地域でデジタル放送の帯域に対応したアンテナを使用していればはデジタルチューナーを増設するだけで受信OK

■困ったことに...
・現行デジタル放送は「録画は1回だけ」..これでは、たとえばDVD収納範囲の容量に縮小するためのカット編集すら不可能か?
・スクランブルデコードのためのB-CASカードが必要(受信機に添付)

■録画装置
 1回だけ録画の制限に対応した機器が必要だが...。
 厳し過ぎる制限にJEITA(電子情報技術産業協会)が見直し案を提案!!

■JEITAの「コピーワンス見直し」提案内容...2006/1月
 コピーワンスを「出力保護付きでコピー制限無し(EPN運用)」 に変更
 つまり出力はスクランブルのままでコピー回数は無制限..Encryption Plus Non-assertion
 現行のデジタル放送対応機器にEPN対応を作りこむ必要があり。
  JEITAのEPN提案に関する記事はこちら

■デジタル対応機器の購入
 提案に反発の放送事業者による「RMP協議会準備会」がEPN提案を受け入れるかが鍵。
 最低限、メーカのEPN対応をみて購入を決めるのが賢明と思われます。

■関連リンク
  総務省地上波デジタル放送パーフェクトガイド
 地上波デジタル放送推進協議会(D-pa)
  地上デジタル放送Q&A..Panasonic


  blog      MovableType