Info kplace.plala.jpから移設しました

■目的
カメラなどの映像のカット編集をPCで可能にします。
使うアプリはオープンソースのAvidemuxです。

■Avidemux
AvidemuxはWindows /Linux/MacOS対応の映像編集/変換ソフトです。
カット編集/結合/視覚効果挿入/変換/音声追加の機能をサポートします。
カットや結合ならCopy/Smart Copyで再エンコードなしで処理が可能です。
出力できるCodecはメイン画面の[Video Output]と[Audio Output]のリストで確認できます。
Avidemux のページはこちら
Avidemux のDocumentはこちら

avidemux
■基本事項
編集の基本事項はQuickStartページで確認できます。
Avidemux /QuickStartのページはこちら

■カット編集
カット編集の手順サンプルです。
カット編集詳細は次のマニュアルで確認できます。
Avidemux /Cuttingのページはこちら
1.映像ファイルを開きます。
2.[編集]でカット区間開始にA、終端にBマーカーを設定し、[cut]をクリックします。
3.Video Output=Copy、Audio Output=CopyにしてOutput Formatを選択します。
4.[File][Save]で保存先/ファイル名指定で編集結果がファイル出力されます。
■結果
多くのフォーマットの映像のカット編集がPCで可能になりました。
操作はシンプルで、再エンコードしないので短時間で編集を終了できます。
カメラのほかにTSのカット編集ができるのでMurdoc Cutterの代わりに使えます。
AvidemuxはMacOSでも利用可能です。

  blog      MovableType